頻繁なクラッシュ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

頻繁にクラッシュする場合の対処法

(原文リンク)

もしも頻繁にクラッシュしてしまうなら、このページの方法が有用かもしれません。 流し読みせず、よく読んで見てください。

次の二つのことの区別をつけるのは重要です。

1.ログアウト

小さなウインドウが現れ、「Second Lifeからログアウトしました」と表示される場合、これはクラッシュではありません。 SLがあなたの接続を切断したということであり、以下のような多くの理由が考えられます。

  • あなたのいるリージョン(SIM)がシャットダウンしている
  • テレポートの間にSLサーバーがあなたを目的地に送るのに失敗し、ログアウトさせてしまった
  • あなたのネットワーク接続がダウンした
  • あなたのネットワーク接続の調子は悪くなり、SLグリッドがあなたのアバターとの接触を失った
  • クラッシュ

2.Phoenix Viewer自体のクラッシュ

Phoenix Viewer自体のクラッシュについて、可能な解決法をこのページで述べます。

  • もし複数のViewerをPCにインストールしているならば、それぞれのViewerが別々のキャッシュフォルダを使用していることを確認して下さい。キャッシュフォルダの共有は、非常にこの問題を引き起こしやすいです。新たなキャッシュフォルダを作る方法は別ページで説明します。
  • しばしば、Viewerのキャッシュが不正な状態になることがあります。この状態になると、頻繁にクラッシュします。キャッシュクリアしてみてください。マニュアルでのキャッシュクリアを推奨します。マニュアルでのキャッシュクリアの方法は別ページで説明します。
  • VBO無効化:Phoenixを起動してログインするまえに、Ctrl+Pをおして設定画面を出してください。グラフィックのタブを開き、ハードウェア・オプションのボタンを押してください。VBO有効化のチェックボックスが チェックされていないことを 確認してください。
  • HTTPテクスチャ取得の無効化: Advanced → Rendering → HTTP Get Texturesがチェックされていないことを確認して下さい。
  • もしあなたがATIグラフィックカードを使用しているならば、Catalyst ManagerのAIフィーチャーを無効化することをお勧めします。詳細は別ページで説明します。
  • あなたのグラフィック設定がPCの能力を超えている可能性があります。その場合、設定のグラフィックすの公を表示して、ウインドウ下部の推奨設定ボタンを押してください。
  • もしPhoenix Viewerをフルスクリーンで起動しているならば、ウインドウモードに設定してみてください。設定のグラフィックスタブのウインドウモードで実行をチェックして下さい。
  • 他に試せるのは、 Advanced → World → Dump Region Object Cacheを選択した後リログしてください。Advancedメニューは、Ctrl+Alt+Dで表示できます。これはテクスチャも表示が異常な場合も有効な対処です。数回繰り返すことが必要かもしれません。
  • ViewerのなかでURLリンクやSURLをクリックした場合にクラッシュすることがあります。AVG2011をインストールしていますか?もしそうであれば、SLプラグインをマルウェアと認識している可能性があります。これについての詳細は別ページで説明します。
  • テクスチャのアップロード中にクラッシュする場合は、上で説明しているVBOの無効化を行ってください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。