※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 「Piece of Cake」とは、日本語で「容易いこと」、「楽勝さ」、「朝飯前」といった意味である。実際にバトル・オブ・ブリテンに参戦したパイロット達が話していた 言葉から、このような意味になったらしい。

  • 実際にあったホーネット・スコードロンは、スピットファイアを装備したカナダ人部隊第443飛行隊の愛称でモットーは「OUR STING IS DEATH」ある。

  • 第一次大戦中の空戦を描いたロビンソンの小説にも、ホーネット飛行隊が登場する。

  • テレビ版のホーネット飛行隊はスピットファイアを装備しているが、実際に1939年~1940年にかけてフランスに派遣された戦闘機はハリ ケーンのみであった。その他軽爆撃機のブリストル・ブレンハイムとフェアリー・バトルズが派遣された。

  • シリーズ中ホーネット飛行隊旗が数回出てくる。この隊旗の中央には、スズメバチのエンブレムが描かれている。エンブレムの下に描かれている モットーは「BEWARE OUR STING(俺たちの針に気を付けろ)」。

  • 本シリーズでは、様々なタイプのスピットファイアが使用されている。使用されたスピットファイアはMk.Ⅸが3機、Pr.XIとMk.Iaが 1機ずつである。実際に1939年~1940年にかけて配備されていたスピットファイアは、Mk.I/Mk.IIのみである。

  • イギリス空軍の部隊名は通常数字(第303飛行隊等)のみであり、名称を用いていたのは極僅かである。


バトル・オブ・ブリテン DVD-BOX

バトル・オブ・ブリテン 迫りくるナチの脅威 [DVD]

バトル・オブ・ブリテン ナチに蹂躙されるヨーロッパ [DVD]

バトル・オブ・ブリテン 英本土大空中戦 [DVD]

Piece of Cake (R.A.F. Quartet)