※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


時代背景

1940年5月10日、ドイツはフランス侵攻作戦(黄色作戦(Fall Gelb))を開始する。電撃戦により、フランスに駐留のイギリス遠征軍は壊走し、港湾都市ダンケルク周辺で完全に包囲された。しかし、装甲師団に損害が出るのを恐れたヒトラーは、ゲーリングが空軍のみで連合軍を撃破できると主張したこともあり、5月23日進軍停止を命じた。数日後、進撃再開された際に は、ダンケルクは要塞化されており、制圧したのは6月5日、その間に連合軍将兵34万人がイギリスへと脱出に成功した(ダイナモ作戦と言われる。民間の漁 船やヨットまで動員した大脱出劇であった)。このときイギリスに渡ったフランス軍将校のシャルル・ド・ゴールは、フランスの植民地政府を味方に付けレジスタンスを結成するなどして徹底抗戦の構えを見せた。

6月10日フランス政府はパリを放棄し、6月14日ドイツ軍がパリに入城した。6月21日にはペタン元帥のヴィシー政府はドイツに対して休戦を申し込み、フランスは降伏した。

しかし、イギリスの戦意は衰えていなかった。イギリスとの外交交渉に失敗したドイツの次なる目標はイギリス本土であった。1940年7月、ドイツ空軍 は、上陸作戦に先立ち、ドーバー海峡における航空優 勢の獲得を目指して、イギリス空軍の撃滅と軍事施設破壊を目的とした航空作戦を開始する。

あらすじ



バトル・オブ・ブリテン DVD-BOX

バトル・オブ・ブリテン 迫りくるナチの脅威 [DVD]

バトル・オブ・ブリテン 英本土大空中戦 [DVD]

Piece of Cake (R.A.F. Quartet)