※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《サイバネティック・エンジニア/Cybernetic Engineer》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/ATK1000/DEF1500
このカードを手札から捨てて以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分のデッキから「パワー・ボンド」1枚を手札に加える。
この効果で手札に加えたカードはエンドフェイズ時まで公開し
このターン発動する事はできない。
●このターン自分が受ける効果ダメージは0になる。

手札から捨てる事で《パワー・ボンド》をサーチする効果、ダメージをカットする効果のどちらかを発動する。
1つ目は、融合モンスターの攻撃力を2倍にするという驚異のカードをサーチするため、(そのターンは発動できないが)1ターンキルを大きく助けてくれる。
指名系ハンデスに弱いのはお約束であるが、サーチ系全般に当て嵌まるので特にネックには感じないだろう。
だが、1ターンの猶予は与えてしまうため、相手に対策を取られやすい。
こちらも魔法・罠除去を予め持っておくと良いだろう。

2つ目は効果ダメージを0にする効果。
相手ターンでは発動できないので防御目的ならば他に優秀なカードが存在する。
よって、《パワー・ボンド》の保険と割り切ってしまって良いだろう。この効果がある事で、手札でダブついても腐らないのは便利である。

このカードのステータスは、《サイバー・ドラゴン》のステータスを600ポイントずつ下げ、攻守反転したもの。

  • 関連項目