※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

D-HERO(デステニーヒーロー) ディスペアーガイ/Destiny Hero Despair》

効果モンスター
星9/闇属性/戦士族/ATK3000/DEF3000
このカードは通常召喚できない。
手札から「D-HERO」と名のついたモンスター3体を
墓地へ送った場合のみ特殊召喚する事ができる。
相手が魔法・罠・効果モンスターの効果を発動した時、
そのカードの種類によって以下の効果を発動する事ができる。
●魔法:相手の手札を確認する。その中から1枚を選択してゲームから除外する。
その後、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●罠:そのカードの発動と効果を無効にし、
相手ライフに1500ポイントダメージを与える。
●効果モンスター:相手フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体の効果を無効にし、攻撃力と守備力を0にする。
その後、そのモンスターの元々の攻撃力分だけこのカードの攻撃力をアップする。
また、エンドフェイズ時までこのカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない。

手札の「D-HERO」3体を墓地に送らなければ召喚できない召喚ルール効果と、
相手のカードの効果発動に対して、それに応じた3つの効果を任意で発動する。

魔法カードの時はピーピング除外ハンデスと、1ドロー。
ハンドアドバンテージを膨大に稼ぎ、最低でも2枚分のアドバンテージを得られるのは非常に強力である。
手札補充カード等に滅法強く、ピーピングによって相手の戦術を把握した上でキーカードを除外する事で相手の戦術を大きく狂わせられる。
相手は無闇に魔法カードを発動してこなくなるので、牽制としての役割となるだろう。
しかし、除去魔法等には弱く、苦労して出したこのカードをあっさりと除去されるのは避けたい。このカードの召喚で既に大量の手札を失っており、1回の効果発動だけではアドバンテージを回復しきれない事も多い。
無理をしてでもカウンター系のカードは採用しておきたい。

罠カードの場合、発動と効果を無効にしダメージを与える。
実質的にカウンター罠以外は封じる事に近く、多くのカードを腐らせる事ができる。
このカードの高い攻撃力を存分に生かせ、攻撃も仕掛けやすい。
カウンター罠に弱いのが難点であるので、相手がこのカードの存在下で効果を無駄打ちしてきた時など、伏せカードへの警戒は怠らないようにしたい。
いくら強力な効果であっても、万能ではない事は留意しておくと良いだろう。

モンスター効果の時は、相手モンスター1体を無力化し、元々の攻撃力だけ自身を強化、更にはエンドフェイズまでの破壊耐性と豊富な効果を発動する。
フィールドで発動し効果解決時もそのモンスターがフィールドに存在する場合、効果を発動したモンスターの効果を無効にすれば、効果そのものを無効に出来る。だが、フィールド外で発動した効果や、自身をリリースして発動するモンスター等、効果解決時にフィールド上に存在しないモンスターに限っては、効果を封じる事が出来ない。
前述の罠封じと合わせて非常に多くのカードを無力化でき、対応力は随一と言える。
ステータスアップと相手モンスターの弱体化は非常に相性が良く、一度でも効果を発動できれば大抵4000は越す。破壊耐性とモンスターの弱体化により相手の《オネスト》等に強く、効果破壊もされないため、自身をコストとして除去効果を発動するモンスターにも対応可能。
総じて、非常に牽制能力に秀でているモンスターである。
難点としては、特殊召喚に3体の「D-HERO」を「手札から」墓地へ送る必要があり、そう簡単に召喚できるモンスターではない事、前述の通り対応力は広くとも万能ではない点が挙げられる。
専用デッキを要するモンスターであるが、単体では手札事故要因であり、専用デッキであっても召喚できるかは運次第である。よって、デッキ構築難易度は非常に高い。

この効果はダメージステップでも発動できるが、発動した効果にチェーンする為に、
スペルスピードの速いカウンター罠に対しては無力である。
同一チェーン上で複数回発動する事ができる。
魔法・罠の「効果の発動」に対応している。

  • 関連項目
  ・フリー投稿
  ・HERO
  ・D-HERO