※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

玻璃(はり)カエル/Crystoad》

効果モンスター
星1/水属性/水族/ATK 0/DEF1500
このカードは攻撃力2800以下のモンスターとの戦闘では破壊されない。
このカードが破壊された場合、相手ライフに800ポイントダメージを与え、
自分はこのカードの元々の守備力分のダメージを受ける。
また、フィールド上にフィールド魔法カードが存在している時、
フィールド上に表側表示で存在するこのカードをリリースする事で、
自分のデッキからフィールド魔法カード1枚を選択して発動する。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

限定的な戦闘破壊耐性と、破壊された時に発動するお互いへのバーン、
条件下に於いてフィールド魔法を発動する誘発即時効果を持っている。

2800以下のモンスターとの戦闘では破壊されないので、場持ちはなかなか良い。
下級モンスターから戦闘破壊される事はまずなく、並みの上級モンスターでも受け流せる事が多い。
レベルやステータスの関係からフィールドに出しやすく、前述の通りの場持ちから一種のブロッカーとして起用する事もできる。

だが、破壊された時に発動するバーンはお互いに降りかかり、相手は800止まりであるが、こちらは実質1500ダメージと、相手のほぼ2倍の数値になる。幾ら場持ちが良いとは言えども最上級モンスターにはやられる事も多いラインであり、考えなしに召喚しているとこのバーンで自分の首を絞める事になりかねない。
そのため、相手ターンを凌いだ後は、後述のフィールド魔法発動効果のコストでリリースする、シンクロ素材に用いる等、できれば相手に最上級モンスターを召喚されない内にこのカードを処理するのが望ましい。
それでも、「ガエル」の名をもたないため、シンクロ素材、リリースとして優秀な《黄泉ガエル》程の汎用性は得られないだろう。

3番目のフィールド張り替え効果は、「ガエル」との相性も良い《湿地草原》を出すと良いだろう。
只、相手の攻撃時に張り替えを行っても、このカードがフィールドを離れてしまう事で巻き戻しが起こるので、迎撃には使いづらい点は留意しておきたい。
メタとするには微妙だがこの効果は相手のフィールド魔法対策にも使える。
複数のフィールド魔法を多用するデッキに於いても、状況に適したフィールド魔法を選べるため採用を検討できる。
単体では若干扱いにくいが、専用デッキだと活躍してくれるだろう。

カード名は「張り替える」から。
英語名は、「Crystal」に「toad」を組み合わせた造語。

  • 関連項目
  ・フリー投稿