※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

D-HERO(デステニーヒーロー) ダルクガイ/Destiny Hero Dharc》

融合/効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/ATK 500/DEF1500
「闇霊使いダルク」+「D-HERO ドレッドガイ」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
このカードが特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する闇属性モンスター1体を選択して発動する事ができる。
次の自分のスタンバイフェイズ時に選択したモンスターを墓地から特殊召喚する。
また、自分フィールド上に存在する
「幽獄の時計塔」が破壊されたターンのエンドフェイズ時、
自分の墓地に存在するこのカードを特殊召喚する事ができる。

専用の素材でなければ融合召喚できないルール効果、特殊召喚時に発動する闇属性の遅延型蘇生効果、《幽獄の時計塔》が破壊されたエンドフェイズに自己再生する効果を持つ。

代用素材が使えないので、必然的に両者をデッキに投入する必要がある。
しかし、「D-HERO」と《闇霊使いダルク》との間に特別なシナジーは見受けられず、安定性はあまり高くないだろう。
自己再生が行えなくなってしまうのは勿体ないが、《融合呪印生物-闇》で出してしまうのも良い。
蘇生効果は「D-HERO」に限定していないため、こちらの方法であれば「D-HERO」デッキでなくとも運用する事ができる。

闇属性の蘇生効果は一度発動してしまえばこのカードがフィールドを離れても特殊召喚は有効。
《D-HERO ダイヤモンドガイ》の起動効果に近く、墓地に選択した闇属性が存在しなければ勿論特殊召喚は行われない。
一時的に墓地を離れてしまった場合も、「選択した」という関係が失われ特殊召喚できなくなる。
自身の低いステータスのせいで相手ターンに戦闘破壊されてしまい特殊召喚ができなくなる、といった事態はないので、安心してフィールドに出せるだろう。

この蘇生効果はレベルやステータスの指定がなく、蘇生したモンスターにデメリットが課される事もないため、非常に強力。「D-HERO」では素材にもなっている《D-HERO ドレッドガイ》が相性が良い。
このカードだけではステータスアップに貢献できないが、強力な耐性と戦闘ダメージを0にする効果を発揮する事ができる。他に「D-HERO」がいればアタッカーにもなれるが、融合召喚を行う都合上若干難しいだろう。
アタッカー目的なら《D-HERO ダッシュガイ》の方が適している。《D-HERO ダッシュガイ》が再び墓地に送られれば《D-HERO ダッシュガイ》の強力な特殊召喚効果を再び発動する事ができ、こちらとの相性も抜群と言える。

このカードのステータスは素材の《闇霊使いダルク》と全く同じであり、レベルの割には非常に低い。だが、このステータスはある種のメリットとも捉えられる。
このカードの真価は前述の通り闇属性の蘇生効果であり、《リミット・リバース》からの蘇生が行えるのは都合が良い。
他にも、このカード自身の自己再生効果、《D-HERO ドゥームガイ》《ダーク・クリエイター》からの蘇生等、多くの方法で特殊召喚する事ができる。

このカード自身の蘇生効果は固有フィールド魔法が破壊される必要があり、使用する機会は少ない。
《幽獄の時計塔》自体は素材の《D-HERO ドレッドガイ》とシナジーがあるので、専用デッキを組んでみるのも良いだろう。
蘇生はエンドフェイズに行われるので、《D-HERO ドレッドガイ》《幽獄の時計塔》で特殊召喚する効果に阻まれてタイミングを逃す事はないので、安心してコンボを組める。

  • 関連項目