※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(さば)きの監獄(かんごく)/Judgement Prison》

フィールド魔法
モンスターを戦闘によって破壊したモンスターを
そのバトルフェイズ終了時にゲームから除外する。
この効果で除外したモンスターは
3回目のスタンバイフェイズ時に元の表示形式でフィールド上に戻る。
この効果でデュエル中に同名モンスターを3回以上除外した場合、
そのモンスターはデュエル中、
カードの効果で手札・フィールド・墓地・デッキに戻らない。

モンスターを戦闘破壊したモンスターを一時的に除外し、
同名モンスターを3回除外した場合に永続的に除外し続ける効果を持つ。

基本的には、トークン大量生成カードやリクルーターなどで凌ぎ、相手の戦力を減らしていく戦術を敷く事になる。
相手は戦力を失わないように必要以上の戦闘破壊は狙ってこなくなるため、牽制として機能する。
除外を能動的に利用する事もできるが、それならば《フューチャー・ヴィジョン》の方が手軽であり、戦闘破壊というワンクッションを挟まずに済む。
特殊召喚したモンスターも除外でき、タイムラグが大きいものの、複数回除外できるのはこちらにしかないポイントだが、それでも《亜空間物質転送装置》で事足りる。
よって、妨害戦術で使うのが無難だろう。

同名モンスターを3回除外すれば、そのモンスターを本当に「ゲームから除外される」事になる。
現在、カードの効果ではなく(つまりはコストで)除外しているカードを移動させるカードはなく、帰還させる事もできないため、除外カードの数を参照するカードくらいしか有効に利用できなくなる。
只、適用条件は3回であり、まず相手が警戒するため滅多に適用する機会は訪れない。
能動的に適用させるなら、攻撃誘発カードや、自爆特攻を繰り返すしかない。
そこまでするなら、最初から除去カードを多めに投入した方が良い事も多い。
だが、往復1ターン半もの間除外するので、時間稼ぎにはなりやすい。
このカードと大量のリクルーター、戦闘耐性持ちモンスターを採用すれば、かなり厄介になるだろう。

このカードがフィールドを離れてもモンスターを除外した回数のカウントはリセットされない。
あくまで、「デュエル中」での回数であり、「 このカード1枚でのカウントではない 」。

  • 関連項目
  ・フリー投稿