※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伝説(でんせつ)騎士(きし) ギャラクティックナイト/Galacta Knight, the Legend》

効果モンスター
星10/光属性/戦士族/ATK3000/DEF2800
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する戦士族・光属性モンスター3体を
リリースした場合のみ特殊召喚する事ができる。 
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
また、1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分フィールド上に「ナイトトークン」
(戦士族・地・星4・攻1600/守1000)1体を特殊召喚する。
このトークンはシンクロ素材とする事ができない。
●相手フィールド上に存在するカード1枚を手札に戻す。
この効果の発動に対して魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない。
●相手フィールド上に闇属性モンスターが存在する場合、
手札を1枚捨てる事で相手フィールド上に存在するカード2枚を破壊する。

光属性・戦士族モンスター3体をリリースしなければ特殊召喚できない召喚ルール効果・貫通効果・起動効果として、トークン生成・バウンス・条件下での除去効果を持っている。

起動効果の1つ目は、ナイトトークンの生成。
シンクロ召喚に繋げる事はできないが、アタッカーの増員、特殊召喚モンスターや上級モンスターのアドバンス召喚の為のリリース、その他モンスターの確保等多岐に渡って使用できる。
トークンのステータスはさほど高くないが、ノーコストで呼べると考えれば十分強力。
モンスター数での物量攻めではこの効果が一番適しているだろう。

2つ目はチェーンを許さない万能バウンス。
ボードアドバンテージを確実に稼げ、一時的にではあるが厄介な伏せカード・永続カードを退かせるのは優秀と言える。
対象カードがシンクロモンスターならば、膨大なアドバンテージとなり、
一気に優位に戦えるようになるだろう。

3つ目は闇属性の存在という条件で発動できる破壊効果。
3つの中で唯一発動条件と手札コストが付いており、使い勝手は一番悪い。
効果も枚数自体は2枚と多いが、手札コストのせいで1枚分のアドバンテージにしかならず、破壊効果なので、防がれる確率も高い。
それでも、2枚破壊は相手の戦略を大きく崩せる。
破壊を無効にするカードを恐れる必要がない状況ならば安定して打て、
「BF」「インフェルニティ」には一種のメタ効果として機能する。
尤も、「BF」には《ゴッドバードアタック》が存在するので、伏せカードがある状況では細心の注意を払っておこう。

「星のカービィ ウルトラスーパーデラックス」に登場するボスがモチーフとなっている。

  • 関連項目