※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

STEP3 希望は小さく

STEP1の ウディタ講座(すうらぼ) にて簡単なイベントの制作経験は積まれたと思いますが、本サイトでは実際のRPGの制作の流れに沿ってウディタを使用していきます。
ですので、まずはどういうゲームを制作するか考えていきます。

とはいえ、はじめて制作するゲームです。シンプルで短いものにしていきます。
最初からボリュームのあるものを作ろうとするのは無謀な挑戦です。苦労して、色々勉強しつつ完成させられる人もいるかもしれませんが、その前に挫折してしまう人が大半だと思います。
あなたがウディタで制作したいと考えているオリジナルゲームの素敵なアイデアは、このサイトでの基本的な学習が終わった後に実現にむけて頑張りましょう!
挫折しないためにも、まずは基本的な制作の流れを掴むことに集中です。

どんなゲームを作っていくのか、先に知りたい方は「STEP20」にてゲームデータをダウンロードできるようにしてありますので、一旦こちらをプレイしてから記事を読み進めていただいても構いません。


【INDEX】


ストーリーを考えよう

最初にゲームの大まかな物語を考えていきましょう。
とはいえ、使用できる素材を同梱データのみに限定してますので、使用できる素材 「Data」フォルダ の中にあるキャラクターの画像を見てから考えましょう。
「CharaChip」フォルダ の中にキャラクターの画像が格納されています。
※ウディタのバージョンによってサンプルデータの収録内容が異なる場合があります。

入っていたキャラクター画像は下の3枚です。(見やすいように拡大したものになっています。)
見た感じに「ニワトリ」、「中年風のヒゲの男性」、「若そうな女性」です。
登場人物が少ないので、後ほどサンプルゲームの 「Data」フォルダ からキャラクター画像をいくつか使用することにしますが、ひとまず、この3キャラクターをメインに物語を考えます。

そうですね。
この3人は家族という設定です。

  • 配役・登場人物
    お父さん=中年風のヒゲの男性
    娘=若そうな女性
    ペット=ニワトリ

  • 物語
    父は昔、騎士として国に仕えていましたが、魔物との大きな戦いにより、負傷し現役を引退しました。
    それ以後、一人娘を連れ故郷の小さな村で静かに暮らしています。
    父の怪我は魔物の毒によるもので、今も癒えず、度々薬草が必要となっていました。
    ある日、娘は薬草がきれていることに気付き、いつものように村の猟師に森から薬草をとってきてもらうようにお願いしようとしたのですが、猟師は数日留守とのことでした。
    仕方が無いので、娘はペットのニワトリを連れて、自分で薬草をとりに行くことにしました。
    薬草がある森には強力ではありませんが、魔物が住んでいます。
    娘は危険を冒し、魔物と戦いながらも無事に薬草を見つけ、家路につくのでした。
    家につくと娘の帰りが遅く心配していた父が娘を怒鳴るのですが、自分のためだと知り、だまって娘を抱きしめるのでした……

という具合にしましょう。


 続いて、「STEP4 シナリオ制作」に進みましょう。