※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

STEP6 素材を準備しよう

STEP4の設定にあわせて、足りない素材をSTEP2で保存していた サンプルゲームのデータ から集めていきます。


【INDEX】


サンプルDataフォルダから素材を探す

保存していたサンプルゲームのDataフォルダ 「サンプルData」 を見ていきましょう。

足りないと思われるデータは BGMデータ キャラクターチップ画像 顔画像 モンスター画像 です。
それぞれ、
BGMデータ 「BGM」フォルダ
キャラクターチップ画像 「CharaChip」フォルダ
顔画像 「Picture」フォルダ
モンスター画像 「EnemyGraphic」フォルダ
から選んでいきます。
※ウディタのバージョンによってサンプルデータの収録内容が異なる場合があります。 ;

面倒な方はそのままフォルダごとコピーして使用する 「Data」フォルダ の中に上書きしても問題ないところですが、手順として進めて参ります。

選んだデータはこちら

  • BGMデータ 「BGM」フォルダ

    Battle01_Juno.mid
    Battle02_Kagamiyomi.mid
    Dungeon04_Koya.mid
    Field01_Juno.mid
    Legend01_Takumi.mid
    Piece01_Takumi.mid
    Town01_Takumi.mid


  • キャラクターチップ画像 「CharaChip」フォルダ

    [Chara]Civilian_Female_A.png
    [Chara]Civilian_Female_B.png
    [Chara]Civilian_Male_A.png
    [Chara]Civilian_Male_B.png
    [Monster]Wolf_pochi.png


  • 顔画像 「Picture」フォルダ (戦闘やステータス画面、セーブ&ロード画面で使用されます。)

    FaceGraphic_Wolfarl.png
    FaceGraphic_Yuichi.png


  • モンスター画像 「EnemyGraphic」フォルダ

    GD_Dog.png
    GD_Kerberos.png
    GD_Slime(Green).png
    GD_Snake(Green).png
    GD_Turnip(White).png


素材をDataフォルダにコピーする

集めた素材は 「Data」フォルダ のそれぞれのフォルダにコピーしていきます。
この作業の流れは自分で素材を作成したり、ネット上でフリー素材をダウンロードした場合も同じで、追加したい素材は 「Data」フォルダ の中の関連するフォルダにコピーしていきます。

ここで簡単に 「Data」フォルダ の中のフォルダについて説明しましょう。
  • 「BasicData」 フォルダ
    ウディタで作成したゲームのデータが格納されています。
    一番重要なデータですので、名前を変えたり、削除しないように気をつけましょう!

  • 「BattleEffect」 フォルダ
    戦闘時に使用するエフェクト画像が格納されています。

  • 「BGM」 フォルダ
    BGMとして使用するサウンドデータが格納されています。

  • 「CharaChip」 フォルダ
    主人公や村人などのキャラクターチップ画像が格納されています。

  • 「EnemyGraphic」 フォルダ
    戦闘で使用する敵(モンスター)画像が格納されています。

  • 「MapChip」 フォルダ
    マップを構成するマップチップ画像が格納されています。

  • 「MapData」 フォルダ
    ウディタのマップエディタで作成したマップデータが格納されています。

  • 「Picture」 フォルダ
    顔グラフィックやタイトル画像など汎用的な画像データが格納されています。

  • 「SE」 フォルダ
    SE(効果音)として使用するサウンドデータが格納されています。

  • 「SystemGraphic」 フォルダ
    ウィンドウ画像、カーソル画像、キャラクターの影画像、決定音・キャンセル音などシステムで使用する効果音などが格納されています。


また、 「Data」フォルダ の中のフォルダのフォルダ名は基本システム内でフォルダ名固定で設定されている項目もあるため、基本的に名前を変えない方が安全ですが、必要に応じてフォルダを追加していくことは特に問題ないです。
 顔画像だけを集めた 「顔画像」フォルダ
 モンスター画像も数が増えていきそうなら 「EnemyGraphic2」フォルダ 「EnemyGraphic3」フォルダ
と言ったように随時追加して、自分で管理しやすくしていきましょう。


 続いて、「STEP7 マップ作成」に進みましょう。