※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

STEP9 村のNPC設定

村にNPCを配置していきます。
ストーリーの進行によって、会話が変化するNPCもいますので、ひとまず配置と初期設定のみ行って、会話部分はあとで入力していきます。

では、村のマップを開き、STEP4 シナリオ制作 登場キャラクターで考えた内容を元にNPCを配置していきましょう。
キャラクター 登場場所 役割
村 主人公の家 怪我であまり動けないので家の中にいる。
ペットのニワトリ 村 主人公の家 薬草を取りに行く時に主人公と一緒に行動する。
猟師の奥さん 村 猟師の家 主人公が訪ねてきたら、猟師が留守であることを告げる。
道具屋 村 道具屋 回復アイテムや装備アイテムを販売する。買取はしない。
村人男性A 村 村の広場 夜になると森から犬の遠吠えが聞こえることを話す。
村人男性B 村 民家 主人公のことがカワイイと褒める。
村人女性A 村 村の出口の近く 道具屋の利用方法やセーブ方法(ゲームシステム)について話す。
村人女性B 村 村の広場 森には魔物がでるから近づくなと話す。

まずは村の右側にある 主人公の家 「父」 を配置していきましょう。
マップの編集レイヤーを 「イベントレイヤー」 にして、家の椅子があるところを左ダブルクリックして、イベントを配置します。
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (./step9-001.jpg)

イベントの 名前 「父」
はあまり動けない設定なので 移動ルート 「動かない」
移動速度 移動頻度 アニメ速度 は適当。
オプション はデフォルトのままのチェック状態でOKですが、好みによっては 待機時アニメ (待機時アニメ画像が作られていなければ、移動アニメを使った足踏み)をオフにしてもいいかもしれません。
起動条件 はプレイヤーがボタンを押して話しかけるということで 「決定キーで実行」
影グラフィック番号 「0:人間・通常サイズ」 (ゲーム基本設定の「キャラクターの影」機能の設定が必要)。
説明的に最後になりましたが、左側の濃いグレーのエリアを左ダブルクリックすることで、 「イベントの画像」 を設定します。
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (./step9-002.jpg)

「父」 の設定に合う画像ファイルを選択し、右側の画像が表示されるエリア上の選択カーソルで右向きのパターンを選択します。
これがイベントの初期に表示される画像(向き)に設定されます。
右下の OKボタン を押せば、画像の設定は完了です。
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (./step9-003.jpg)

何も表示されていなかった濃いグレーのエリアに選択した画像が表示されています。
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (./step9-004.jpg)

NPCイベントを設定する場合は基本的に以上のような流れで各項目を設定していきます。

続いて、 「ペットのニワトリ」 を同じように設定していきましょう。
「ニワトリ」 は家の外をうろうろしています。
家の外の適当なところにイベントを配置しましょう。
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (./step9-005.jpg)

イベントの名前 「ニワトリ」
イベントの画像 を選択。
移動ルート はうろうろ動きまわらせたいので 「ランダム」
移動速度 は若干速めに 「2」
他は適当に設定していきます。
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (./step9-006.jpg)

同じ要領で他の7体のNPCも設定していきます。
↓は設定したNPCの 位置 名前 移動ルート になります。
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (./step9-007.jpg)

テストプレイをしてみると、NPCが村の中を動きまわり、賑やかさが出てきました。
image plugin error : ファイルが見つかりません。 (./step9-008.jpg)

今回は会話イベントの設定まではしていないので、NPCを配置するだけの作業は非常にスムーズに行えたと思います。
会話イベントはもう少しあとで設定していきますが、次のSTEPでは 「道具屋」 お店の設定 アイテムの設定 を先にやっていきます。


 続いて、「STEP10 アイテム&お店の設定」に進みましょう。