※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モンスター画像素材 配布サイト


ツクールシリーズに同梱されている「素材の改変素材」や「素材からイメージを受けて作られた2次創作素材」はツクール以外では使用することができないとのことなので、素材を探す場合に注意が必要です。

※「利用条件」は調査時のものですので、使用される場合はご自分できちんとご確認ください。




■管理人サイト
ぴぽや倉庫  http://piposozai.wiki.fc2.com/
●ジャンル ディフォルメ、ポップタッチ
●利用条件 加工OK、商用利用OK

★オススメ
アンデッドとか好きだから―――ッ!!!  http://lud.sakura.ne.jp/index.html
※一部ツクールVX素材からイメージを受けて制作しているものがあるため注意。
●ジャンル リアルとアニメっぽいものの中間ぐらいのタッチ、人物系の敵イラストが多いです。
ソロモン72柱といったものもあります。
●利用条件

★オススメ
ニルバーナ展覧会機関  http://castlenirvana.sakura.ne.jp/index.html
●ジャンル リアルタッチ
●利用条件 加工OK、商用利用OK(要連絡)
●備考 一覧表示の画像をクリックすると大きいサイズのJPEG画像が表示されます。こちらの画像は背景色が塗られているため使用には適さないので、一覧表示にあるPNG画像をダウンロードして使用しましょう。

★オススメ
シアンのゆりかご  http://www.hcn.zaq.ne.jp/cagzd200/
●ジャンル アニメタッチ、メカっぽいモンスター画像が多いです。
●利用条件 加工OK、商用利用(小規模の場合のみOK)

ANOTHER_0  http://www5e.biglobe.ne.jp/~another0/
●ジャンル リアルとアニメっぽいものの中間ぐらいのタッチ
●利用条件 加工OK

★オススメ
とも職さんち  http://www.geocities.jp/tomoshoku/
※初期の画像は透過処理されていないため、透過処理加工が必要。
●ジャンル リアルタッチ
●利用条件 加工OK

★オススメ
HI-TIME  http://raineru03.web.fc2.com/
●ジャンル リアルタッチ
●利用条件 画像の拡大縮小OK

★オススメ
エトリエ  http://www5f.biglobe.ne.jp/~itazu/etolier/index.html
※一部ツクールVX素材からイメージを受けて制作しているものがあるため注意。
●ジャンル ディフォルメ、ポップタッチ
●利用条件 加工OK

★オススメ
JUNKIE Junk Shop  http://www.junkie-chain.jp/main.html
●ジャンル ディフォルメ、アニメタッチ
●利用条件

★オススメ
Folce-zero  http://folce.zatunen.com/
●ジャンル リアルタッチ
●利用条件 商用利用(許可申請)

白夢館  http://www.geocities.jp/yomiti_m/
●ジャンル アニメタッチ
●利用条件 加工OK、※透過処理加工が必要。

飛び前転  http://glayobahchan.to.cx/tobizenntenn/
●ジャンル リアルタッチ、グロテスクなモノが多いです。
●利用条件 加工OK

誰そ彼亭  http://may.force.mepage.jp/
※「モンスターグラフィック素材」、「旧3DCG背景素材2>魔物」の2箇所。
●ジャンル リアルタッチ
●利用条件 加工OK、商用利用OK(企業はNG)

★オススメ
アルラウネのページ  http://lilith.halfmoon.jp/
●ジャンル 女神や女悪魔・妖魔が中心。美少女アニメっぽいタッチでセクシー。
妖怪シリーズもあります。
●利用条件 加工OK、有料同人OK、年齢制限ありOK

★オススメ
ノーマル軍の素材置き場  http://groovy-life.sakura.ne.jp/game/material/
●ジャンル リアルタッチ 和洋・現代多種
●利用条件 加工OK、商用利用OK


上記のサイトで公開されている画像は、そのままのサイズだとウディタのゲーム画面にうまく収まらない場合がありますので、利用規約などで加工OKとなっている場合は縮小して使用しましょう。

大きいサイズのモンスター画像の場合、素材の画像形式がαチャンネル付きのPNG画像になっていることが多いので、対応した画像編集ソフトを使用しないとうまく加工することができません。
画像の大きさを調整したい場合は、「最低限の画像講座1」を参考にしてください。