吸血キノコ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

吸血キノコ

  投稿者 :カタ

  強さレベル :E

  能力値 :力E 知力E 器用D 速さE

  出身世界 :エル・ミーナ

  生息地  :森林、洞窟、水辺、遺跡

  大きさ  :小60cm、中120cm、大210cm程度

  特徴   :見かけ倒しのもろいエネミー、何かが近付くと反応して、
           つぼみや花のようなものをつけた触手(?)
           を使い、その先端に着いている針を獲物に刺して吸血する。
           最初は球体のようだが、成長するにつれて徐々にかさが開き触手も増える。
           触手を引っ張る・蹴飛ばす・はたく……など、衝撃を与えると簡単に根元から折れる。
           花はべたべたしていてくっつきやすいが、針も含めてとても取れやすい。

  生態   :群生している事もあるが、多くは1つがぽつりと生えている。
           栄養がたまって大きくなると大量の胞子を出して枯れていく。
           地面に固定されているため、移動はしない。
           集団でウジャウジャ生えていても、軽く押せばドミノ倒し。
           ダメージは受けても蚊に刺されるかハエに激突された程度。
           <成長に必要な血液と時間>
           小→(5ml/5分)→中→(10ml/10分)→大→(20ml/30分)→枯れる(瞬時)

  その他補足 :栄養がたまって胞子を出して枯れる、というのは『大』のみで起こり、
            その量は軽く視界を奪われるほど。
            胞子の量に対して成長する個体が少ないのは、そのもろさが原因だろう。
            毒はないが、食べようと思ってもカスカスしているので美味しくはない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。