雷火国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雷火国

  【国主】 エ.ン.ブ.オ.ー♂:威火 (byゆん)

詳細


元は別の魔族が治めていたが、やり方に不満を抱いた一部の国民が下克上、
先頭に立った威火を国主として、国名を「雷火国」と改めた。

雷火国となってから急激な成長を遂げたが、それにより貧富の差が極端に開いてしまい、
貧しい者達は貧民街と呼ばれる大通りから外れた、結界で隔てられた狭く薄暗い区域に追いやられた。
貧民街の貧困ぶりと荒れっぷりは酷く、とても目の当てられたものではない。

他国との交易と観光収入を主に成り立っており、それゆえ街中の整備は行き届き、治安もいい。
国主が美食家なのもあり、この国の料理はとても美味しい。

国の地下に広大な空間を有している。町の下の空間は防空壕としてだが、
宮殿の地下はそれだけではないもよう。

同規模の他国に比べると軍事力はやや劣っているが、かわりに謀略に長ける。
侵略戦争を仕掛けたこともないのに、以前より国が広くなっているのは
国を内側から突き崩し領土を拡大してきたためである。

魔砲と呼ばれる、杖と銃を一体化させたような独自の兵器がある。
大きさは拳銃ほどの小型のものから、大砲のような大型のものまで豊富。
魔力を圧縮して放つだけ。シンプル。

町並みは歴史を感じさせるが、生活は現代に近い。
電力が主なエネルギー。宮殿の地下に発電施設があるということだが、
威火と威火に近い者たちしか立ち入りが出来ないため、詳細は不明。



住人


  • 国主   エ.ン.ブ.オ.ー.♂:威火
  • 門番  シ.ン.ボ.ラ.ー.♂:婚星
  • 門番  ネ.イ.テ.ィ.オ :旱星 (ろこ)