ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki グレイシア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

グレイシア

No.471 タイプ:こおり
特性:ゆきがくれ(あられのとき回避率があがる。命中×0.8)
夢特性:アイスボディ(天気が「あられ」の時、最大HPの16分の1を回復)
体重:25.9kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
グレイシア 65 60 110 130 95 65

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/いわ/はがね/かくとう
いまひとつ(1/2) こおり
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

第四世代ではその高い特攻から放たれるふぶきで多数の相手を沈めてきた霰パ不動のエース。
BWは・・・正直前作と全く変わらず霰パでふぶきをぶっぱなすのが仕事。
耐久は意外に高いが、タイプの耐久相性が不遇なため実際そこまで高くない。
メタグロスゴウカザルの攻撃はまず耐えられないが、あまり攻撃に振っていないメタグロスのコメットパンチ程度なら耐えたりする。

特性ゆきがくれも強力で、大技の命中率は大抵7割前後になり理不尽な運ゲーをしかける。
夢特性のアイスボディは微妙で、これを生かすならトドゼルガを使ったほうがいい場合が多い。
うまく中途半端なすばやさをカバーして、攻撃回数を増やしてあげることが大切。
特攻130からの一致ふぶきがとんでもなく強力なので、霰パーティで使うのが一番。
逆に霰パーティーでない場合は弱点の多さと鈍足により採用するメリットは少ない。

霰下の制圧力がこのポケモンの命なので、グレイシアの吹雪をためらいなくぶっぱなせる環境を周りのポケモンで作ることが大事。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
こおりのつぶて 40 100 こおり 先制技 自力
アクアテール 90 90 みず 炎へ。ハッサム等の都合でめざぱ炎を使うなら選択肢に入るかも マシン
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
れいとうビーム 95 100 こおり タイプ一致。拘り型で技スペースが余った時にでも。 マシン
ふぶき 120 70 こおり メインウェポン。そもそもがこれを打てる場面を如何に作るかという感じのポケモン。 マシン
めざめるパワー 70 100 不定 炎か地面 マシン
シャドーボール 80 100 ゴースト 一応シャンデラやブルンゲルを殴れる。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
みきり - - かくとう 基本技 遺伝
てだすけ - - ノーマル ヘタな役割破壊技を入れるより破壊しやすい。 教え

ステータス調整

素早さ


攻撃・特殊


耐久


持ち物

もちもの1


もちもの2

型サンプル

スカーフ型

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:特攻252すばやさ252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ふぶきorれいとうビーム/めざめるパワー(炎/地/格闘)
選択技:みずのはどう/シャドーボール/シグナルビーム/こおりのいぶき など

第四世代からおなじみのスカーフ型。おくびょうで最速120族、ひかえめで105族まで抜ける。
基本的に霰パーティで使って、氷タイプ最強のふぶきをうちまくるのが一番使いやすい。
めざパはハッサムなどに刺さる炎か、鋼&炎タイプに刺さる地面を推奨。
水に刺さる電気もあるが、正直ユキノオーで十分だったりする。

トリパアタッカー型

性格:れいせい
努力値:特攻252、HP252 or 耐久調整
持ち物:こだわりメガネ/半減木の実/いのちのたま/くろいてっきゅう/各種ジュエル など
確定技:ふぶきorれいとうビーム/めざめるパワー(地/炎/格闘など)
選択技:みきり/こおりのいぶき/シャドーボール/みずのはどう/シグナルビーム/あまえる/こおりのつぶて など

すばやさ65と中途半端にみえるが、最遅ならメジャーポケを軒並み抜くことができる。持ち物は仮想敵で決めよう。
ターン制限の問題で補助技はあまり使わないかもしれない

参考として火力上昇アイテム(上昇値1.2倍以上)を持てば(めざパは威力70と仮定)、
めざ格でHP252振りバンギラス確定1発(砂嵐下では無理)。めざ地でHP252振りヒードラン確定1発。
命の珠以上なら、めざ地で無振りゴウカザル超高乱数1発、無振りヒヒダルマ確定1発。

みがわり型

性格:れいせい
特性:ゆきがくれ
努力値:特攻252、HP252 or 耐久調整
持ち物:たべのこし
確定技:ふぶき/みがわり
選択技:みきり/めざめるパワー(炎/地面/格闘)/れいとうビーム/あまえる

あられ状態でみがわりを残し、運がよければ「ゆきがくれ」で回避できるという型。
トリックルーム状態ならば、相手の「まもる」を呼んで身代わりを出せるとよい。

一応隠れ特性の「アイスボディ」で無限状態で粘るという事もできるがどちらかというと雪隠れのほうが強力。

タッグ候補

ゴウカザル
カビゴン、メタグロス、バンギラスといった霰パ全般に強いポケモンを縛り、
猫騙しや豊富な補助技でサポートをする。

ボーマンダ
ゴウカザル等の格闘ポケモンに強く、さらに炎技で鋼に対しプレッシャーをかけることができる。

ブルンゲル
トリル→あられ の流れが一体でできる。メタグロスなどの鋼にも強め。

対策

メタグロスや厚い脂肪カビゴンで対策は難しくないが、凍ってしまえばそこで終了ということには注意。
ユキノオーとグレイシアのダブル吹雪はもし2匹とも耐えたとしても約36%でどちらかが凍りつく。
また、グレイシアは技スペック上めざめるパワーの搭載率がやたらと高いため、
メタグロスはコメットパンチを避けられめざパ2発で返り討ちにあうこともしばしば。
バンギラスで天候を変えつつ岩雪崩しておけば、霰パは大抵岩技に弱いので相手は交換も迂闊に出来ない。
勿論相手に天候を奪われるとそもそも氷耐性がなく、ユキノオーの草技で簡単に倒されてしまうので
出来れば交代を駆使して大事にしたい。

外部リンク

添付ファイル