ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ニョロトノ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニョロトノ

No.186 タイプ:みず
特性:しめりけ(じばく、だいばくはつ、ゆうばくを無効にする)
   ちょすい(受けた水タイプの技を無効化し、最大HPの1/4回復する)
夢特性:あめふらし(戦闘に出ると雨を降らす)
体重:33.9kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
H P 攻撃 防御 特攻 特防 素早 合計
ニョロトノ 90 75 75 90 100 70 500

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) でんき/くさ
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---
※特性が「ちょすい」の場合、みず無効

特性あめふらしを手に入れた新たな雨パの始動員。
素早さの関係上他の天候ポケとかち合った場合キュウコン以外には天候を上書きされてしまう。

雨下の火力でも調整の指標にされる流星群などを下回る上、水技が半減されやすいということもあり、自身が雨から受ける恩恵はそこまで高くなく、
特性を発動させた後はすることが無くなりがちであったが、BW2でてだすけ、こごえるかぜをあめふらしと両立できるようになった。

あめふらしのイメージが強いが、アンコールと滅びの歌を併用できるのでソーナンスなどと合わせての影ふみ+滅びの歌 などの戦法も可能。
爆発の弱体化で「しめりけ」の価値は落ちたが、「ちょすい」はまだまだ実用性は高い。

ニョロトノ自身の水技の威力も結構なものなので、雨パに限らずスタンダードパで採用するのも良いだろう。

また雨パを使う際の注意点として、天候依存度が高いポケモン(すいすいアタッカーなど)を多く組みこんでしまうと、天候を塗り替えられた途端にパーティが崩れるため普通のポケモンも多く採用するようにしたい。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
たきのぼり 80 100 みず こいつを物理型にする意味はそれほどない。 マシン
れいとうパンチ 75 100 こおり 同上 教え
じしん 100 100 じめん 弱点を突いても雨補正水技の方が威力が高い。 マシン
がむしゃら - 100 ノーマル 死に際で。こごえるかぜやカムラなどと高相性。 遺伝
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ねっとう 80 100 みず メインウェポン。命中安定 マシン
ハイドロポンプ 120 80 みず メインウェポン。雨補正もあり火力大 進化前自力
なみのり 95 100 みず 範囲攻撃。ちょすいやよびみず、きゅうこん等と組み合わせる際にはこちら マシン
れいとうビーム 95 100 こおり ドラゴンや草等へ。4倍ドラゴンの隆盛もあり、需要は高め。 マシン
ふぶき 120 70 こおり 雨霰のスイッチや、対霰に。安定性が低い。 マシン
こごえるかぜ 55 95 こおり すいすいの解除を狙った天候変化に強い。霊獣ボルトロス等と組み合わせる際にも好相性 教え
きあいだま 120 70 かくとう ナットレイやユキノオー等に打てる技だが、命中が厳しい上に、それほど使う機会自体も多くない マシン
めざめるパワー 70 100 不定 トリトドンへ打つ草が人気。ギャラドスの流行次第では電気等も考えられる。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技。滅びのターン稼ぎにも使える マシン
てだすけ - - ノーマル これと雨補正を受けた水技は非常に強力。 教え
さいみんじゅつ - 60 エスパー 当たれば強力。 自力
アンコール - 100 ノーマル 鉄球を持たせてのトリル返し等に使える。こごかぜとも好相性。 遺伝
ほろびのうた - - ノーマル デスラッキー等の対策が自然に組み込める 自力
はらだいこ - - ノーマル ロマン技。 進化前自力

ステータス調整

調整先があまりおらず努力値が余り気味になりやすい。

  • 191-×-96-123-134-114(204-0-4-100-12-188,おだやか)
ラティオスのジュエルりゅうせいぐん耐え
HP16n-1
252バンギラス抜き
残りとくこう

  • 191-×-101-137-134-95(204-0-44-118-108-36,ひかえめ)
ラティオスのジュエルりゅうせいぐん耐え
HP16n-1
攻撃2上昇の178グロス思念耐え
グロス意識の素早さ
残りとくこう

すばやさ

遅くしても相手次第になってしまい、選出時点でチキりやすいということもあり、
素早さについては、遅い方が良いというわけではない。
適度に調整してメタグロスなどに負けないようにしたほうが使いやすかったりする。
100と少しあれば多くのシャンデラやメタグロス、バンギラスに先手が取れる。それでも抜かれることはあるが。

耐久

ラティオスのジュエル流星群耐えを中心に調整したい。

型サンプル

雨パ基本型

特性:あめふらし
性格:ひかえめ/おくびょう
持ち物:オボンのみ/各種半減実/みずのジュエル
努力値:耐久調整、素早さ調整、残り特攻
確定技:ねっとうorハイドロポンプ(なみのり)/まもる
選択肢:れいとうビームorふぶき/ほろびのうた/てだすけ/こごえるかぜ/めざめるパワー(草)/アンコール/きあいだま/さいみんじゅつ/がむしゃら

雨を降らしてサポートしたり水技をぶっぱなしたり。

こごえるかぜとてだすけがBW2にてあめふらしと両立できるようになった。
選択技は優先度の高い順で。

雨パ基本型2

特性:あめふらし
性格:れいせい/おだやか
持ち物:くろいてっきゅう
努力値:耐久調整、残り特攻
確定技:ねっとうorハイドロポンプ(なみのり)
選択肢:まもる/れいとうビームorふぶき/てだすけ/アンコール/ほろびのうた/こごえるかぜ/めざめるパワー(草)/きあいだま/なみのり/さいみんじゅつ/がむしゃら

鉄球で天候を奪いやすく、すいすいポケモンの水技の高火力を押しつけるようなタイプ。
てだすけとこごえるかぜが選択肢に入ることでよりそのメリットが強化された。
ノオーはともかく、バンギラスは鉄球を普通に持てるポケモンなので注意が必要。
トリルの始動要員によってはアンコールによるトリパ対策も一応可能である。
ラストの滅び判定に強いというメリットもないわけではない。

タッグ候補

ルンパッパキングドラ
雨パ先発。威力が上がった水技でごり押す。
ナットレイで止まるので注意。かそくメガヤンマやトリックルーム、ユキノオーにも弱い。
ルンパッパとキングドラ、各々違った長所があるため優劣は付け難い。
雨乞いパーティの項も参照。

対策

ニョロトノ単体なら大したことはないが、永続雨を対策しなければ対策になっていないので注意。
ユキノオーバンギラスなどで天候を変えたり、ルンパッパなどで相手の天候を逆利用したり。
ナットレイウォッシュロトムなど、水に耐性を持つポケモンをパーティに入れるのも良いが、ごり押されないように注意。
トリトドンドクロッグなど、水技を無効にできるポケを入れるのも良い。ただ、前者は相手のルンパッパやナットレイ、ニョロトノ自身のめざパ草に、後者はそもそもの耐久が低いのでごり押しに注意。
他にもトリックルーム、日本晴れ、おいかぜなども良いだろう。どれも一長一短か。

外部リンク

添付ファイル