ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki デンチュラ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デンチュラ

No.596 タイプ:むし/でんき
特性:ふくがん(技の命中率が1.3倍になる。先頭にいると道具を持ったポケモンが出やすくなる)
      きんちょうかん(相手は木の実を食べられなくなる)
夢特性:むしのしらせ(HPが1/3以下の時に虫タイプの技の威力が1.5倍になる)
体重:14.3kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
デンチュラ 70 77 60 97 60 108

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/いわ
いまひとつ(1/2) でんき/くさ/かくとう/はがね
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

イッシュで初登場の虫電気。
弱点をうまく打ち消しあっているが、弱点そのものはメジャー。
さらに耐久が低めなので等倍でも簡単に落ちる。
シングルでは複眼により命中91になる雷が強力。

ダブルではきんちょうかんを利用したコンボに使われる。
きんちょうかんならソクノだろうとギャラドスを縛れ、
隣の催眠技でラムやカゴを無視し強制的に眠らせることが可能。
味方のポケモンも半減実を気にせずに攻撃することが出来て、相手のいばキーも封じることができる。


型サンプル

複眼基本型

特性:ふくがん
性格:おくびょう
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/でんきのジュエル など
努力値:特攻252 素早さ252
確定技:かみなり/むしのさざめき
選択肢:まもる/みがわり/ボルトチェンジ/エナジーボール/エレキネット/めざめるパワー(氷) など

複眼雷を活かす型。
一応エレキネットも複眼の恩恵を受ける。元々命中は95だが。
持ち物はタスキが第一候補だが、火力が足りないので威力強化アイテムも十分アリ。

緊張感型

特性:きんちょうかん
性格:おくびょう
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/でんきのジュエル など
努力値:特攻252 素早さ252
確定技:10まんボルト/むしのさざめき/まもる
選択肢:みがわり/ボルトチェンジ/エナジーボール/エレキネット/めざめるパワー(氷) など

複眼ではなく緊張感を使った型。こちらは場にいるだけで効果があるのでまもるの優先度は高くなる。
木の実無視の効果は地味だが大きい。前述されているように半減実を無視し縛ることができる。

タッグ候補

キノガッサ
胞子で相手を黙らせる。
緊張感でバンギのヨプを無視し格闘技を打ち込むことが出来る。
熱風が一貫するので後ろにヒードランやシャンデラなどが欲しい。

対策

まず対面時の特性確認を忘れないようにしたい。
単純に見れば電気技が効かない地面タイプ・蓄電が安定だが、
そもそも低耐久なのでS実数176以上のポケモンが高火力技で殴っていればどうにか出来ることも多い。

このポケモンは緊張感を活かした特殊な使われ方をされることが多い為、
ソクノギャラドス・ヨプバンギラス・リンドトリトドンなどのように4倍を木の実でカバーしているポケモンは注意が必要。

外部リンク

添付ファイル