ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ディアルガ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ディアルガ

No.483 タイプ:ドラゴン/はがね
特性:プレッシャー(相手のPPを多く減らす)
夢特性:テレパシー(味方の攻撃を受けない)
体重:683.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
専用アイテム:こんごうだま(鋼技・ドラゴン技の威力が1.2倍になる)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ディアルガ 100 120 120 150 100 90

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう/じめん
ふつう(1倍) ほのお/こおり/ドラゴン
いまひとつ(1/2) ノーマル/みず/でんき/ひこう/エスパー/むし/いわ/ゴースト/あく/はがね
いまひとつ(1/4) くさ
こうかなし どく

良くも悪くも前作と大差が無い。
ドラゴンでありながらドラゴンを弱点としない。
しかし特殊耐久があまり高くないので等倍のりゅうせいぐんでも結構なダメージを受けてしまう。
基本的に弱点を突かれたり、相手方のメガネ流星群などと言った超火力の攻撃を受けない限りは一撃では落ちない。

こだわりメガネを持たせたりゅうせいぐんが驚異的な破壊力を持つ他、
ちょうはつを受けても機能停止しないためトリックルームの発動要員としても優秀。

単体では非常に優秀だが、地面と格闘弱点のおかげで取り巻きの構築は若干難しめとなる。

専用技のときのほうこうははかいこうせんのドラゴン版。
りゅうせいぐんと違って1ターン動けないうえにみがわりには弱いが、
火力が下がらないのでりゅうせいぐんと違い交代が必須ではない
そのためメガネでりゅうせいぐんと打ち分ける型が存在する。

ふぶきやかみなりを覚えるため、トリックルームを発動させたあとカイオーガやユキノオーを投げつつ対応する技を使うこともある。
また、カイオーガやユキノオーの使用率の関係上相手が出してくれるのを想定した素かみなりや素ふぶきを搭載するのも考えられる。

ARサーチャー経由で 夢特性のテレパシーが解禁。
グラードンと並べる事が可能になった。



型サンプル

トリックルーム型

性格:れいせい
努力値:HD252 HC252
持ち物:ラムのみ/シュカのみ/ヨプのみ/くろいてっきゅう/ドラゴンジュエル
確定技:トリックルーム
選択技:りゅうのはどう/りゅうせいぐん/ふぶき/かえんほうしゃ/だいちのちから/かみなり/まもる/ねむる

トリックルーム発動要員。
ディアルガは最遅でも85なので、素早さに振ってないバンギラスなどにはトリックルーム下で先手を取られてしまうので注意。
相手の状況を見て本当に発動させるかどうか見極めること。
相手方のディアルガ、パルキアレシラムクラスのメガネ流星群を
耐えるにはほぼHD全振りになってしまう。

攻撃技の候補は多彩なのでパーティの攻撃範囲と要相談となる。


こだわりメガネ型

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:HC252 CS252
持ち物:こだわりメガネ
確定技:りゅうせいぐん
選択技:りゅうのはどう/ときのほうこう/ふぶき/だいもんじorかえんほうしゃ/オーバーヒート/だいちのちから/かみなり/はどうだん

こだわりメガネのりゅうせいぐんで一撃で倒す。
どのポケモンもディアルガのメガネ流星群を耐えるには相当な努力値が必要になるので
耐える調整になっているポケモンは少ないだろう。

こちらも相手のメガネ流星群を耐えないので、
ミラーを意識すると素早さが高いほうが勝つので素早さに回したいが、耐久を落とすと別の部分での性能が落ちてしまう。

タッグ候補

ドーブル
トリパの場合はドーブルは最遅、その他の場合はスカーフor最速タスキ。
ねこだましやダークホールでディアルガの補強をする。どちらにも対処できる一手を求められるので非常に対策しにくいコンビ。

対策

特殊耐久はそれほどでもないため、伝説勢の珠orメガネ流星群ならある程度振っておけば確1にすることも出来る。
また、HGSSで大量流出したけたぐりも非常に有効。タスキ猿やコジョンドならほぼ負けない。他にもカポエラーやバンギラス、ドクロッグなどもいいだろう。
弱点は意外につきやすい。グラードンのじしんや何の気なしに覚えさせただいちのちからも有効。
とはいえ相方に妨害されたり、倒しきれなかったりするとりゅうせいぐんやトリックルームが飛んで来る。
相手がトリパっぽかったらそれを読んでトリックルームを使う、等機転の効いた対応をすることも重要。

外部リンク

添付ファイル