ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ヘラクロス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヘラクロス

No.214 タイプ:むし/かくとう
特性:むしのしらせ(HPが1/3以下のときに虫タイプの技の威力1.5倍になる)
   こんじょう(状態異常のときに攻撃が1.5倍になる)
体重:54.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ヘラクロス 80 125 75 40 95 85

ばつぐん(4倍) ひこう
ばつぐん(2倍) ほのお/エスパー
いまひとつ(1/2) くさ/かくとう/じめん/むし/あく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

攻撃125でタイプ一致120技を2つも持っている。サブウェポンも良質なものがある。
ダブルではスカーフ巻いてインファメガホをぶっぱなすのが主な仕事になる。
クレセリアに大ダメージを与えられる数少ないポケモン。
ただし攻撃力は非常に高いが、耐久・素早さともにやや中途半端。
素の状態では味方のサポートがないと他の格闘に比べ動きやすさに欠ける。

第四世代までと一番大きな違いは”フェイント”
まもるを貫通する上に優先度+2で物理属性と、かなり使える先制技で
今までのしんくうはしかない状況から改善され、こだわり系以外でも使いやすくなった。



技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
メガホーン 120 85 むし メインウェポン。クレセリアを1発で沈める可能性がある。 自力
インファイト 120 100 かくとう メインウェポン。外れないのでここぞというとき以外はもっぱらこっちを打ちたくなる。 マシン
けたぐり 不定 100 かくとう これが低威力な相手には大抵メガホーンが通るので使いやすい。拘らせないならば格闘技はこれか。 教え
いわなだれ 75 90 虫闘両半減の飛行全般及びシャンデラに通るので重要度大 マシン
ストーンエッジ 100 80 いわ 同上。 マシン
つじぎり 70 100 あく 岩技と比べるとゲンガーやゴルーグ等ややマイナー目な奴が狙いになるので重要度は低め 自力
じしん 100 100 じめん つじぎりと選択で拘り型の技を埋める用の技 マシン
フェイント 30 100 ノーマル 先制技。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
-

型サンプル

基本型

特性:こんじょう
性格:いじっぱりorようき
持ち物:どくどくだまorかえんだま こだわりハチマキ 各種ジュエル ウタンのみ など
努力値:攻撃252 素早さ調整 残り耐久or攻撃252 HP252
確定技:インファイトorけたぐり/メガホーン
選択肢:まもる/フェイント/いわなだれ/つじぎり など

特性は状態異常玉を使わなくても火傷対策に根性推奨。

素早さの調整先としてはギャラドス、FCロトム、クレセリア、80族あたりが主か。
ゴウカザルテラキオン等の人気の格闘に比べ遅いので、
それらと比べると味方のサポートがないとやや動き辛いのが難点。
ただし、先制技で使い勝手がいいフェイントを使えるのは大きな利点。

スカーフ型

特性:こんじょう
性格:いじっぱりorようき
持ち物:こだわりスカーフ
努力値:攻撃252 素早さ252
確定技:インファイト/メガホーン/いわなだれorストーンエッジ/つじぎり

技はほぼこれで確定。ヒードランシャンデラトゲキッスあたりはスカーフも多いので
こいつらを意識するならようき、それ以外ならいじっぱり。
スカーフ以外のラティオスを縛り付けられるのは利点。

タッグ候補

ウォッシュロトム
ロトムが苦手なラティオスやユキノオーを縛る。ロトムはヘラが苦手なシャンデラを縛る。また、トゲキッスへの圧力。
この指キッスならゴリ押しでなんとかなるが、スカーフキッスでは倒しきれずキッスがヘラを倒し、ロトムがキッスを倒し、と相討ちになることも。キッス相手は読みが必要。

対策

半端な素早さゆえにスカーフ持ちが多いので、アーケオスゴウカザルでは対策になってなかったりする。
最もメジャーで有利なのはランドロス(霊獣)、ヘラクロスからの有効打が無く、いかくで見方まで守れる。有効打を与える技は普通の構成には入り難いのが、雪崩れを打ち有っても素早さで優る分怯みも狙えて俄然有利ではある。
基本的にヘラの攻撃を耐えられて有効打を放てるポケなら良い。
トゲキッスボーマンダメタグロスハッサムなど。よほどのことがない限り競り負けない。
ヘラより早いポケにスカーフを持たせて、先制攻撃で撃破するのも良い。ヒヒダルマウルガモスなど。
逆にそれらのポケがいない場合、苦戦は必至。ねこだましなどを絡めて素早く撃破したいところ。
スカーフ持ちが多いということで技の一貫性さえ無ければ交代で対処しやすい。虫・格闘辺りへ抵抗を持つポケモンを組み込んで置けばそこまで不利にはならない。

外部リンク

添付ファイル