ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki プクリン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プクリン

No.040 タイプ:ノーマル
特性:メロメロボディ(接触技を受けると30%の確率で相手をメロメロ状態にさせる)
夢特性:おみとおし(相手の持ち物がわかる)
夢特性(プリン):フレンドガード(味方の受ける技によるダメージを3/4にする)
体重:12.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
プクリン 140 70 45 75 50 45
プリン 115 45 20 45 25 20
ピクシー 95 70 73 85 90 60

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2) ---
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ゴースト

ステータスではピクシーバクオングなど上位互換と言えるようなノーマル単が多く居る。
耐久はある程度あるものの、防御&特防両方に振ってない場合は振らない側が脆い。

攻撃面では技こそ豊富なものの攻撃力は数値どおり微妙。
特殊技が豊富なノーマル単はハピナスポリゴン2ピクシーなどコイツの上位互換のステータスを持つポケモンばかりである。
ハイパーボイスは珍しい技だが、弱点も付けない、追加効果も無い、威力もダブル補正を受けて低いこの技に実用性が有るのかそもそも怪しい。

補助技では一応「ほろびのうた」や「かなしばり」を覚えるが、
プリンニョロトノヤミカラス等との枠争いをせねばならず、
それらを押しのけて使うほどのメリットは見出し難い。

夢特性は「おみとおし」を手に入れた。
シャンデラロトム等型が複数ありそれぞれの型がメジャーなポケモンに対して発動すれば、便利な特性であるが、
対象がランダムなので今一つ安定性に欠ける。
ちなみに素早さが極端に低いのでメッセージのは発動順で得られる情報には期待できない。

劣化以前の問題が山積みだが、ほろびのうたやハイパーボイスなどをうまく活用して戦いたい。

進化前のプリン、及びププリンは珍しい特性「フレンドガード」を持つ。
フレンドガードは味方のダメージを3/4にするという非常に強力な特性で主に滅びパでソーナンスを残すのに使われる。自身には効果がない。
新たにピンプクも解禁されたが、物理耐久・補助技の質で上回るので気にする必要はない。

色々なポケモンと差別化が難しすぎるが、あえて使うのならば、
滅びパ内でヤミカラスやパウワウ等プリン以外の輝石ポケモンを使いたい場合に使うのが一番現実的な使い道かもしれない。
単体性能ではプリンに完敗しているが、耐久そのものは輝石プリンと同等で技自体もプリンと同じため、
滅びパで輝石の奪い合いが発生した場合に限ってはプリンの代わりとして十分使える部類になる。

プリンがBD特化以外ほぼ存在せず、プクリンがBDのみに特化するケースが少ないために意外だが
実はBD両方に全振りしたプクリンはBD両方に全振りした輝石プリンより物理特殊耐久ともにわずかに上回っていたりする。
ただし誤差の範囲で、実際は計算の都合でラティオスのジュエル流星群のダメージの割合ではプクリンの方がダメージが大きかったりする。
ちなみに両者HDの場合は特殊耐久はプリンに劣る。


型サンプル

プクリン基本型

性格:ひかえめ/おだやか
努力値:特攻252 特防252
持ち物:オボンのみ/ヨプのみ/ノーマルジュエル/たつじんのおび
確定技:ハイパーボイス/まもる
攻撃技:こごえるかぜ/れいとうビームorふぶき/10まんボルトorかみなり/かえんほうしゃorだいもんじ/シャドーボール/カウンター
変化技:しんぴのまもり/でんじは/ほろびのうた/あまえる/かなしばり/マジックコート

ハピナスやピクシーには使えないタイプ一致のハイパーボイスを使う型。
サブ技が地味に充実しているので倒したい相手に合わせて選択すると良い。
ほろびのうたやかなしばりはかなり強力なのでできれば採用したい。
補助技を入れないとただのバクオングの劣化になる。

カウンターとマジックコートは前作の教え技。
技スペースは厳しいもののどちらも読まれにくい。が、特性おみとおしと両立不可能。
一応防御に厚めに振ってヨプを持たせれば大抵のインファイトを耐えカウンターで粉砕できる。
ただ相手がまもる読みで相方に攻撃してくることもあるので、かなりの読みを伴う点に注意。

性格補正↑ならD252 H108でラティのジュエル流星群を確定で耐えて、余りをBに振るとそれなりに硬い。

対策

マイナーポケモンと比較しても劣化するようなステータスなのでコイツを対戦で見かけることはあまりないだろう。
耐久が特別高いわけではなく技の威力も低め、補助技にしろプリンと同じで、先制技もない
ハピナスやプリン等、プクリンの上位互換と言えるポケモンに対抗できれば対策する必要はない。
一応特化すれば大抵の攻撃を耐える程度の耐久はあり、
れいとうビーム、10まんボルト、かえんほうしゃなどサブ技が充実しているので弱点を突かれるポケモンは注意。
カウンターでの奇襲もなくはない。

外部リンク

添付ファイル