ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki トルネロスWCS2011

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トルネロス

No.641 タイプ:ひこう
特性:いたずらごころ(変化技を先制で出すことができる)
体重:63.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
同タイプ HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 特性
トルネロス 79 115 70 125 80 111 いたずらごころ

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) でんき/こおり/いわ
いまひとつ(1/2) くさ/かくとう/むし
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし じめん

耐性面ではボルトロスの完全劣化だが、
イッシュダブルにおいては飛行技が非常に強力なので
攻撃面ではジュエルアクロバット、ぼうふうによりボルトロスより強め。
技をアクロバット一本に絞りやすいので、ボルトロスより補助技のスペースを多く取れ、
エルフーンと同じく、いたずらごころからのおいかぜなども使える。

また、格闘技に対して耐性があるため、格闘に向かって繰り出すことが出来る。
先のとおり耐性面ではボルトロスの完全劣化の上、
耐久にまわせる努力値が少なめのため、一発被弾するとそのまま落ちることも少なくないのが難点。
電気技や氷技はあまり使われないから良いとしても、いわなだれで弱点をつかれるのは大きい。
格闘に出す場合も、格闘が大抵岩技を持っているためやや不安な部分がある上、
素の耐久がやや低めなために、ローブシンのアームハンマーで5割ほど持っていかれたりする。



技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
アクロバット 55 100 ひこう メイン技。基本的に攻撃はジュエルでこれ一択 マシン
フリーフォール 60 100 ひこう 相手の行動を1ターン封じる。威力もそこそこ程度は有るが基本的にはコンボ対策としての意味合いが大きい。公式ルールでは制限により使用不可。
アームハンマー 100 90 かくとう 飛行技単品だけで強いため、この技を採用するメリットは薄い。 自力
とんぼがえり 70 100 むし サザンドラに抜群のダメージを与えながら撤収できる。 マシン
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ぼうふう 120 70 ひこう メイン技。アクロバットをしのぐ威力だが命中が怪しい 自力
エアスラッシュ 75 95 ひこう 命中は安定し、追加効果も悪くないが、威力が低い 自力
きあいだま 120 70 かくとう テラキオン等に有効。本来は飛行技と相性が良いが、イッシュでは有効な相手が少ない マシン
くさむすび - 100 くさ テラキオンやブルンゲルへの安定したダメージソース マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
みがわり - - ノーマル 優先度が+1、フェイントの対象にならない、集中攻撃、連続攻撃に弱いなどまもるとは微妙な差異がある マシン
ちょうはつ - 100 あく 先制で出せるのは強力だが、ちょうはつを本当に当てたい相手はメンタルハーブを持っていることも多い マシン
おいかぜ - - ひこう エルフーンと同じくほぼ確実に出すことが出来る。自身はかなり早めなので味方のサポートが主。 自力
↑「フリーフォール」を覚えたポケモンは使用禁止らしい。「バトルにおけるバランスを考慮し、使用することができません。」と書いてあった。

ステータス調整



素早さ

いじっぱりではウルガモスに先手を取ることができず、
ジュエルアクロバットはテラキオンすら乱数で倒し、
アーケオスのよわきを発動させるほどの威力なので、基本的に最速推奨。

耐久


持ち物

ひこうのジュエル

これをもち、アクロバットを連発するのが基本的な戦い方。

たべのこし

特殊型限定。身代わりの回数を稼ぎやすくする


型サンプル

基本型

性格:ようき
努力値:素早さ252 攻撃252
持ち物:ひこうのジュエル
確定技:アクロバット/まもる
選択技:みがわり/ちょうはつ/おいかぜ/いばる

イッシュ限定ルールでは飛行技が半減されにくく、刺さる相手がかなり多いため
ジュエルアクロバットがとにかく強力。
基本的にアクロバットがあれば他の攻撃技は必要ないので、残りはすべて補助で固めてしまっていい。

タッグ候補

対策

ギガイアスだとかなり楽に倒せる。
陽気ASのトルネロスのジュエルアクロバット+素アクロバットを勇敢HAのギガイアスなら合計四発まで耐えることができる。ギガイアスからの攻撃は岩雪崩で中乱(68.8%)にできる。
アバゴーラも良い。いわなだれでごり押し出来る。
両者共にくさむすびに注意。

外部リンク

添付ファイル