ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ミカルゲ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミカルゲ

図鑑No.442 タイプ:ゴースト/あく
特性:プレッシャー(自分を対象とした相手の技はPPを1消費する)
夢特性:すりぬけ(リフレクター、ひかりのかべ、しんぴのまもり、しろいきりを無視して攻撃できる)
体重:108.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ミカルゲ 50 92 108 92 108 35

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ---
いまひとつ(1/2) どく
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ノーマル/かくとう/エスパー

弱点が無い優秀なタイプだが、半減にできる属性が少なく、耐久面の種族値も並程度。
珍しいタイプではあるが、特筆すべきはそれよりも悪タイプの中では高い安定性とふいうちの習得によるラティオスへの高い圧力であろう。

攻撃技のレパートリーに乏しく、特に物理方面は安定したものがなく、しっぺがえしすら覚えない。幸いこうげきとくこう両方がそこそこあるので二刀流にして攻撃範囲を確保してもよい。

補助技に関してはでんじは、トリックルーム等肝心な物こそ抜けているがゴーストタイプとして最低限程度は揃っている。
夢特性「すりぬけ」によってしんぴのまもりを気にせずにさいみんじゅつやおにびを使うことができる。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ふいうち 80 100 あく 先制技。威力もメインウエポンクラス。強化アイテムを持てばラティオスを確定1にすることもできる。 自力
おいうち 40 100 あく 交代するポケモンを自動追尾する。ラティオスを確実に仕留めたいなら持っていてもいいだろう 自力
かげうち 40 100 ゴースト 先制技。ふいうちとは若干使用できる場面が変わるが、最大の採用理由はまともな物理攻撃技が少ないことだろう。 自力
がんせきふうじ 50 80 いわ 追加効果は優秀だが、威力も命中もあまり無く、採用するのは難しい マシン
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
あくのはどう 80 100 あく メインウエポン。 自力
シャドーボール 80 100 ゴースト あくのはどうと範囲が被っており無効タイプもあるので採用理由が特にない。格闘を殴りたいなら素直にサイコキネシスを採用したほうが良い マシン
サイコキネシス 90 100 エスパー 格闘タイプが殴れるが、弱点を付ける属性が少なく威力自体も微妙なので他で対策してやった方がいいかもしれない マシン
こごえるかぜ 55 95 こおり 相手2体の素早さを下げる優秀なサポート技。優先的に採用したい。 過去教え
めざめるパワー 70 100 不定 ヒードラン狙いの地面、4倍狙いの草等。弱点を付いても威力は知れているので補助技のスペースを確保してやったほうがいいかもしれない。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
おにび - - ほのお バンギラスやメタグロス等へ。 マシン
いたみわけ - 100 ノーマル 回復技。HPが少なく、耐久がそこそこあるので相性は良い 遺伝
トリック - 100 ノーマル こだわりハチマキかこうこうのしっぽ辺りを押し付ける 過去教え
ちょうはつ - 100 あく 補助技を封じる。まもるも封じるためふいうちと相性がよい マシン
ふういん - - ゴースト まもる封印はふいうちと相性がよい。 遺伝
よこどり - - あく ふいうちを強く意識させるポケモンなので、それを警戒した積み技やみがわり等を奪える。 過去マシン
じこあんじ - - ノーマル 弱点が無く、せいぎのつるぎも無効と暗示要員としてはそこそこ優秀 マシン
さいみんじゅつ - 60 エスパー 命中はともかくあればとりあえず置物になることは無い。当たれば強力 自力

ステータス調整

156-144-128-×-143-55(244-148-0-0-116-0,いじっぱり)
たつじんのおびまたはあくのプレートの配分。
ラティオスを不意打ちで確定1発。
おくびょうサンダーの10まんボルト高乱数2発耐え。
特化メタグロスのコメバレも耐える。
特化バンギラスのいわなだれ+特化ドリュウズのドリルライナー+砂ダメージ1回耐えにもなっている。

素早さ

先制技が主になるのでそこまで必要ではない。

攻撃・特殊

威力増強無しでは特化してもラティオスは乱数にしかならない。

耐久

弱点がなく、調整をすれば耐える攻撃は多い。メタグロスやバンギラスなどのメジャーポケの攻撃に合わせるのがいいだろう

持ち物

あくのプレート

攻撃実数値144からラティオスを縛れるようになる。

ちからのハチマキ

ラティオスを縛るだけならこれでも可能。実数値155から。かげうちにも効果がある。

こだわりハチマキ

トリック用。少ない努力値でラティオスを縛れるのも便利。実数値112から。

オボンのみ

耐久の底上げ。

型サンプル

基本型

特性:プレッシャー
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:火力、耐久調整
持ち物:いのちのたま/あくのプレートなど
確定技:ふいうち
選択技:かげうち/こごえるかぜ/あくのはどう/まもる/おにび/いたみわけ/ちょうはつ等

強化アイテム無しではラティオスを縛れないなど決定力不足。だが最近は環境が変化し、ラティオスの数は減少しているのでオボンのみなどで耐久を上げる選択肢もある。

タッグ候補

ラティオスの圧力から横が開放されるので、ラティオスに弱いポケモンと組むのが好相性。
タイプ相性で不利なポケモンが居ないのでこいつ自身は何と組ませてもそこそこ戦える。

ボーマンダ
いかくもち。ラティオスをミカルゲが縛ってくれるので動きやすい。

対策

例外を除いて弱点がないので、特別有効な攻撃手段は存在しないがまず馬鹿耐久ではない。ごり押しすればそこまで時間はかからないが、補助技により翻弄されないよう注意。
火力が低くふいうちが主力なので、みがわりを出せば比較的残りやすい。
また鋼や悪を攻撃する手段がほとんどないのでバンギラスやハッサムは有効。

外部リンク

添付ファイル