ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ユキメノコ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユキメノコ

No.478 タイプ:こおり/ゴースト
特性:ゆきがくれ(霰のときに回避率が1.25倍になる)
夢特性:のろわれボディ(30%の確率で受けた技をかなしばり状態にする)
体重:26.6kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ユキメノコ 70 80 70 80 70 110

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/いわ/ゴースト/あく/はがね
いまひとつ(1/2) こおり/どく/むし
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ノーマル/かくとう

氷・霊という変わったタイプ。
今までの霊タイプの例に漏れず、優秀な補助技を多く覚える。
特性ゆきがくれを生かすため霰パで活躍させてあげたいが素早さ以外の種族値は並程度。ふぶきの威力もそこまで高くない。
単アタッカーとするには火力がなさすぎるため、補助技を上手く活用しよう。

夢特性はのろわれボディ。
スタンパで運用するならこちらだろう。最も耐久は低いためブルンゲルほど恩恵を受けられるわけではなく、死に際に発動したらラッキー程度だが。


型サンプル

霰パ基本型

性格:おくびょう
努力値:特攻素早さ252 / 素早さ252、耐久、特攻調整
持ち物:きあいのタスキ/ジュエル(氷) など
確定技:ふぶき
選択技:シャドーボール/サイコキネシス/こおりのいぶき/こごえるかぜ/こおりのつぶて/みちづれ/でんじは/ちょうはつ/あやしいひかり/いばる/かなしばり/みがわり/まもる

至って普通の霰パ型。
こごえるかぜや電磁波を撒いたり、ちょうはつやかなしばりで相手のペースを乱してゆく。
調整しても一致ねっぷうやだいもんじを耐えるのは難しいので、特攻素早さにぶっぱしてタスキを持たせることが多い。

メガネ型

性格:おくびょう
努力値:素早さ252特攻252
持ち物:こだわりメガネ
確定技:ふぶき/トリック
選択技:シャドーボール/10まんボルト/サイコキネシス/めざめるパワー(地面/炎/格闘など)こおりのいぶき/こごえるかぜ

中途半端な火力をこだわりメガネで補強する。
もとの素早さが高いので、こだわりメガネが使いやすい。
クレセリア等の耐久ポケにこだわりメガネを押しつけることもできる。
トリックは教え技なので注意。

タッグ候補

ケンタロスオコリザル
どちらもいかりのつぼ持ち。こおりのいぶきを当てて暴走させる。
ばれやすいのでこの指やスカーフ持ちのごり押しに妨害されてしまうこともあるが、決まれば強力。場合によっては全抜きも可能。

ゴウカザル
ユキノオーが霰を降らせてから回す。
メタグロスハッサムヒードランバンギラスなどの霰パが苦手なやつに対して非常に強い。
受け出し性能がないので、死に出し前提となってしまうのが残念。

スターミー
スターミーの重力→メノコの吹雪・雷。
メガネで重力パアタッカーにするなら。メガネ吹雪の火力はバカにできない。
補助技を警戒した相手の動きを逆手に取れる。

対策

メタグロスマニューラウルガモスで余裕だが、相方でカバーされていることも多いので注意。
バンギラスキュウコンなど、天候を変えるポケモンを出せばゆきがくれが無効になるので、対策が非常に楽になる。
ユキメノコの耐久はそこまで高くないので、等倍でも1、2発で落ちるがゆきがくれやタスキに注意。

選出の段階で見破りやすいが、いかりのつぼを発動させる型の場合はこの指とまれやスカーフの先制攻撃、くろいきりなどが有効。
素早さが高いポケモンが2匹並ぶのでトリックルームも対策として機能しやすい。ねこだましと絡めていかりのつぼ持ちをサッサと撃破するのもあり。

外部リンク

添付ファイル