ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki エテボース

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エテボース

図鑑No.424 タイプ:ノーマル
特性:テクニシャン(威力60以下の技の威力を1.5倍して出せる)
   ものひろい(自分が持ち物を持っていない場合自分以外が消費したアイテムを終了時に拾ってくる)
夢特性:スキルリンク(連続攻撃を最大回数出す)
 体重:20.3kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
エテボース 75 100 66 60 66 115

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2) ---
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ゴースト

テクニシャンからねこだまし、ダブルアタックなどが使え、火力が高い。
特にねこだましの威力は強力で耐久力の無いポケモンなら、次のターンの先制技で縛れてしまう。

素早さも高くねこだましが使えるポケモンとしてはマニューラに次ぐ2位タイ。
耐久面に関しては弱点が少ないとはいえ、数値が低くタスキを持たせてやりたい。

ものひろいはコンボで強力なものが見つかる可能性があるが、普通に使う分にはテクニシャンでよいだろう。

スキルリンクが解禁。適応技はおうふくビンタとみだれひっかき。
みだれひっかきの威力は実質90(タイプ一致で135)に。テクニシャン適応のダブルアタックが105(157)なので使う意味は全くない。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ねこだまし 40 100 ノーマル ひるませ技。必須。 遺伝
ダブルアタック 35 90 ノーマル メインウエポン。威力はおんがえしと大差なく、命中でも劣るがみがわり貫通 自力
ローキック 60 100 かくとう テクニシャン補正を受ける。追加効果、タイプともに強力 マシン
けたぐり 不定 100 かくとう 最大威力はテクニシャンローキックより大きい 過去教え
おいうち 40 100 あく ゴーストタイプへ。交代されなくてもテクニシャン補整が掛かるが、交代するポケモンを自動追尾するため狙った相手に打ちにくい。 遺伝
しっぺがえし 50 100 あく ゴーストタイプへ。 マシン
とんぼがえり 70 100 むし 交代技 マシン
ほのおのパンチ 75 100 ほのお 鋼タイプへ 過去教え
れいとうパンチ 75 100 こおり ドラゴンタイプへ 過去教え
アクロバット 55 100 ひこう マシン
つばめがえし 60 ひこう 必中 テクニシャン補正を受けるが狙える相手は少ないか マシン
ふくろだたき 不定 100 あく コンボ狙いで
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本 マシン
みがわり - - ノーマル 基本 マシン
ちょうはつ - 100 あく マシン
でんじは - 100 でんき マシン

ステータス調整

こうげきやすばやさを優先的に伸ばしたく、耐久に回す努力値は確保できない。AS252で良いだろう。

素早さ

攻撃・特殊

耐久

持ち物

きあいのタスキ

少ない耐久をカバーする

いのちのたま

威力の増強。

各種ジュエル

威力の増強。アクロバットを使うなら効率が良い。

型サンプル

基本形

特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/各種ジュエル(無or飛)/するどいキバ
確定技:ねこだまし/ダブルアタックorおんがえし
選択技:まもる/ローキック/けたぐり/アクロバット/なげつける/ちょうはつ など

特性&タイプ一致で高威力のねこだましが撃てる。
テクニシャンのお陰でけたぐりが高い威力を出しやすい。

するどいキバなげつけるはものひろいで特化しなくても有用だと思うので選択肢に追加。

タッグ候補


ものひろいタッグ型

特性:ものひろい
性格:ようき
努力値:as252
持ち物:するどいキバ/おうじゃのしるし/きちょうなホネ
確定技:ねこだまし/ダブルアタックorおんがえし/なげつける
選択技:まもる/ローキック/つばめがえし/アクロバット/ちょうはつ/とんぼがえりなど

特性ものひろいは今作で仕様が変わり、戦闘中に他のポケが消費したアイテムをターン終了時に100%回収できるようになった。同じく特性ものひろいの能力を持つマッスグマとタッグを組んでいろいろと悪さができる。

2匹でするどいキバとおうじゃのしるしをひたすら投げ続ければ(100%ひるみの効果がある)相手を2匹とも行動不能に追い込める。
ただ、特性精神力や素早さが高い相手、スカーフ持ちには通用しなかったり、火力やPPが少なめなので、倒しきれなかったりと弱点は多い。ダブルバトルでは特に多い威嚇持ちが登場して、さらに火力を下げられることもしばしば。毒などのスリップダメージで火力を底上げするか、火力の高いきちょうなホネやしんかいのキバを投げるなど、柔軟な対応ができると戦略の幅が広がる。
↑面白いと思ってちょっとものひろいやなげつけるの仕様を調べてみたんだけど。
ものひろいは自分の消費した持ち物を拾ってこない、
相手に守られたらなげつけるは失敗し、アイテムを消費しない
ということから相手の片方が守れば次から両怯みは狙えなくなるっぽい。オボン持ち相手だとオボンを拾ってきたりする弱点も。

その他、片方がオボンのみ、片方がHP小回復の実を持って、まもる、みがわりを交互に使うとPPが枯れるまで守りに徹することもできる。

タッグ候補

マッスグマ
特性ものひろい持ちの中で、エテボースに次いで速い

対策

具体的な対策例など。

外部リンク

添付ファイル