ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki レジギガス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レジギガス

図鑑No.486 タイプ:ノーマル
特性:スロースタート(場に出てから5ターンの間こうげきとすばやさ半減)
体重:420.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
レジギガス 110 160 110 80 110 100
(スロースタート・無振り) 110 70 110 80 110 40
(スロースタート・全振り) 110 54 110 80 110 24
ケッキング 150 160 100 95 65 100

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2) ---
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ゴースト

種族値合計は670と非制限ポケモンの中では圧倒的に高い。
ケッキングと比べても割り振りに無駄が少なく種族値は強い。種族値は。
しかし覚える技と特性に大変な欠陥があり、特にまもるを覚えないのはダブルバトルにおいて致命的。
スロースタートが消えた後でもケッキングに比べまともな活躍ができるかどうか怪しいといった評価が多いが、
ケッキングもまもるを覚えられるとしても、行動できるターンが限られるので実質まもるは使えないのと同じ
なので、一長一短である。
ケッキングは2ターンに一回しか動けないのに対し、こいつの場合は毎ターン動ける。
それに、専用のパーティで戦えば、読まれやすいという欠点はあるものの、それなりに戦える。
部下(レジロックレジアイスレジスチル)と違い弱点は少ないので、相手の動きをうまく読めば部下よりも強く戦えるかもしれない。
しかしカポエラー、ズルズキン、霊獣ランドのようないかくが流行っている今の環境では、
特性を消してなおその攻撃力を生かしきれないことも多々ある。(引っ込めるとスロースタートになり、しかもカウント0に戻される)
特性スロースタートは持つポケモンが持てばトリックルーム等と組み合わせて強力な特性なのだが、
こいつの場合は完全にデメリット特性。なまけと違いなやみのタネやシンプルビーム、なかまづくりで消す事ができるので消す手段自体は多い。
上手くその辺の技でメリット特性を渡してやる事が考えられる。

ただ、レジギガスはデメリット特性を持つが、代わりにクレセリアに匹敵する圧倒的な耐久種族値を
持っているので、クイタランやケンホロウのようなどうしようもないポケモンと違い、特性を変えなくともそれなりに戦えるポケモンである。

AとSに振らなかった場合の実質合計種族値は520とそこそこ。
実は下手に特性を消すぐらいならメタグロスなど他のポケモンにいばラムした方が
高火力の上汎用性があるのが現実である(メタグロスやバンギラスに威張った場合、A特化なら実質種族値800以上)ので、
スロースタートを消さずとも、ワイドガード、でんじは、こごえるかぜ、あやしいひかりなどの
サポート技や特殊攻撃を中心に使うのであれば耐久の安定性からそこそこの活躍は期待できる。
さらに、スロースタートで素早さが半減するので、トリックルームをつかえばかなりの相手に先手がとれる。
クレセリアポリゴン2等と比べるとやや見劣りするが、ワイドガード等差別化になる技もある。

当たり前だが5ターンも場に居座って解除できることはめったにない。
そもそもいかくを食らった後では5ターン経って解除したところで置物である。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
にぎりつぶす 不定 100 ノーマル メインウェポンその1。専用技で最大威力120(タイプ一致で180)。相手の残りHPに左右される為、若干安定度は欠ける 自力
おんがえし 不定 100 ノーマル メインウェポンその2。最大威力102(タイプ一致で153)。威力安定を求めるならこっち 技マシン
ヘビーボンバー 不定※ 100 はがね 84kg以下のポケモンなら最大120。格闘との差別は鋼か霊を殴れるかどうか(ヨノワール、ミカルゲ、ギラティナ、ゴルーグ以外は最大火力で殴れる) 自力
いわなだれ 75 90 いわ 対炎氷虫飛の怯み狙いの全体攻撃技。範囲が広く味方も巻き込まないが、命中が若干不安定 マシン
じしん 100 100 じめん 対炎岩鋼に使える全体攻撃技。命中安定だが味方を巻き込む上、浮遊や飛行には効かない マシン
ほのおのパンチ 75 100 ほのお 単体攻撃技。対鋼や4倍弱点持ちに対して有効 自力
れいとうパンチ 75 100 こおり 単体攻撃技。地面、飛行、ドラゴンと他のパンチに比べ有効範囲が広い 自力
かみなりパンチ 75 100 ほのお 単体攻撃技。水や飛行に有効 自力
ばかぢから 120 100 かくとう 対鋼岩の単体攻撃技。火力低下のデメリットが地味に響く 過去自力/教え
ドレインパンチ 75 100 かくとう 回復効果もあり、威力はともかく安定性はばかぢからより上 過去マシン/教え
はたきおとす 20 100 あく 攻撃と言うよりはサポート的な技。輝石やラムなどの道具を落とせれば美味しい 自力
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
こごえるかぜ 55 95 こおり 相手2匹の素早さを下げる優秀なサポート技 教え
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ワイドガード - - いわ 全体攻撃を守れる 自力
しんぴのまもり - - ノーマル いばるとのコンボや、眠り対策 マシン
いばる - 90 ノーマル 味方の攻撃をあげたり、相手の特殊ポケモンを混乱させたり マシン
あやしいひかり - 100 ゴースト 運ゲー技。 自力
でんじは - 100 でんき なだれとも相性○ マシン
じゅうりょく - - エスパー 低命中技と組み合わせて。はりきりとの相性も良好だが相手に利用されないように 教え

ステータス調整

207-208-159-90-130-120(172-220-116-0-0-0,わんぱく)
ゴウカザルの玉インファイト耐え。
205メタグロスのコメットパンチ確定3
ラティオスのジュエル流星も耐える。
スロースタートを外さない前提ならば攻撃に降る必要は余りなく、
スロースタートの影響を受けないこごえるかぜや10まんボルト等の特殊技をメインにしたほうがよい。その場合はずぶとい等。

素早さ


攻撃・特殊


耐久

H252で丁度無振りカポエラーのジュエルインファイト確定2発
ただし相手がA252の場合確定1発
H84でラティオスのジュエルりゅうせいぐん確定2発


持ち物

ラムのみ

しんぴのまもりを張るのに相性がよい。火傷や麻痺対策にも。

オボンのみ

アタッカーとして長く居座るつもりであれば採用価値は高い。

こだわりハチマキ

火力上昇に。技が縛られるのが辛いか。

いのちのたま

ハチマキより火力上昇は低いが、技が縛られない。HP減少はドレパンでカバー。

型サンプル

サポート型

特性:スロースタート
性格:ずぶとい/わんぱく
努力値:耐久調整
持ち物:ヨプのみ/オボンのみ/たべのこし
確定技:ワイドガード
選択技:でんじは/こごえるかぜ/にぎりつぶす/10まんボルト/ほのおのパンチ/れいとうパンチ/いばる/しんぴのまもり/あやしいひかり/はたきおとす

タッグ候補

シャンデラ
じしんやいわなだれはワイドガード、決して速いとは言えない素早さはこごえるかぜやでんじはで補える。
シャンデラが苦手なドラゴンもれいとうパンチで牽制できる。

アタッカー型

特性:スロースタート
性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃252 素早さHP調整
持ち物:オボンのみ/ラムのみ/こだわりハチマキ/いのちのたま
確定技:にぎりつぶすorおんがえし
選択攻撃技:じしん/ドレインパンチ/いわなだれ/れいとうパンチ/ほのおのパンチ/ヘビーボンバー
選択補助技:ワイドガード/じゅうりょく/でんじは/みがわり

スロースタートに左右される為、タッグに組むポケモンにはなかまづくりやスキルスワップなどが必須になってくる。

タッグ候補

アイアント
高い素早さを活かし、特性はりきりをなかまづくりでギガスに移す。命中不安になるが、重力を利用すればデメリットの命中も上がる。
ただし肝心のアイアントが脆く、挑発にも弱い為、メンタルハーブやタスキなどの対策は必要。

ドーブル
特性や素早さの関係でアイアントに劣るが、キノコの胞子が使える為、相手の邪魔も出来る点が魅力。
なかまづくりの他に、スロースタートを相手に移したり、相手の特性を持ってきてギガスに移したりできるスキルスワップも高い汎用性を持つ。
が、脆く挑発に弱い点はアイアントと変わらず。さらに同じノーマル同士な為、格闘に滅法弱い。

サマヨール
遅いのが欠点だが、猫騙しも喰らわず、一致抜群も耐え切るので他2匹に比べて割と安全にスキスワが出来る。
挑発対策をしたいならメンタルハーブを持たせたヨノワールでも可。

ドレディア
葉緑素仲間作りにより素早さを二倍にでき、マイペースにしてフラフラダンスも可能。
吹雪や岩雪崩に耐性がないが、レジギガスのワイドガードで防げる。

ユクシー
そこそこの素早さを持ちながらトップレベルの耐久力を持つ準伝。
スキスワ後も後攻とんぼや置き土産など、技にも恵まれている為色々出来る点が魅力。
いたずらごころ挑発にはやはり弱いので、メンタルハーブが必須になってくる。

クレセリア
クレセドランに入れてクロツグパーティーを作るのが意外と安定している。
クレセドランの場合無理なくスキスワが入るので、特化構築にする必要がないのも利点。

対策

特性スロースタートがネックとはいえ、中途半端な攻撃ではなかなか倒れない耐久力を持っている。
さらにワイドガードも持っている為、いわなだれやふぶき、だくりゅうなどにも強い。
まもるやねむるがない為、火傷や麻痺状態に出来れば機能は大幅に落ちる。
更に下手にひっこめられないのでいかくに対して非常に弱い。
カポエラーにはインファ確1も含め非常に弱いが、ワイドガードがあるのでランドロスに対しては案外しぶとい。
オボンやラムを使わせないように、きんちょうかんを持つポケモンがいると攻めやすい。
また、特性の都合上、ふきとばしなどの退場技やレッドカードにも弱い。
スロースタートから解放されると手がつけられなくなる可能性が高いので、撃破は単体対象の高火力で手早く行う事。

外部リンク

添付ファイル