ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki レジアイス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レジアイス

図鑑No.378 タイプ:こおり
特性:クリアボディ(相手からの能力下降効果を受けない)
夢特性:アイスボディ(霰天時、ターン終了時にHPを最大HPの8分の1回復)
体重:175.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
レジズ HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
レジアイス 80 50 100 100 200 50
レジロック 80 100 200 50 100 50
レジスチル 80 75 150 75 150 50

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/かくとう/いわ/はがね
いまひとつ(1/2) こおり
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

ハピナスほどではないが、堅牢な特殊耐久を持つポケモン。
メジャーな炎タイプの弱点がやや痛いが、高い特殊耐久のおかげで
強化アイテムを持たないサンダーボーマンダアグノム程度の不一致の炎技ならば確定2発に持って行くのも難しく、
それほど問題にならないだろう。タイプ一致の炎相手はこちらから打てる技も少なく苦手。
反面物理に対しては種族値こそ上の下程度はあるものの、
ほとんどの物理ポケモンがはがね/かくとう/いわ技を所持しており、不安定極まりない。
メタグロスバンギラスをはじめとしたメジャー格のポケモンにも軒並み弱い。

ラティオス、サンダーなどに対するメタポケといった性質が強い。

クリアボディは強力なはずの特性だが、レジアイスの場合は
攻撃低下も素早さ低下も無意味のため基本的に役に立たない。
攻撃面は100の特攻種族値と氷にしては珍しい電気・格闘の大技を持ちなかなか優秀。
鈍足はトリックルームやでんじはで補える。霰トリパで使う場合グレイシアと居場所を争うことになる。
ふぶきの火力はグレイシアに比べ2割ほど劣り特性も微妙だが、技の広さではグレイシアより優秀。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
カウンター 不定 100 かくとう 物理に対する抵抗策。半減実等と合わせて。 過去教え
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
れいとうビーム 95 100 こおり メインウエポン。 マシン
ふぶき 120 70 こおり メインウエポン。霰パ内で無いと命中に不安が大きく採用し辛い マシン
こごえるかぜ 55 95 こおり 素早さを下げる。自身は遅すぎるため恩恵は少ない 自力
10まんボルト 95 100 でんき 氷半減の全ての相手に対し等倍以上が望める優秀なサブウエポン。 マシン
きあいだま 120 70 かくとう 対バンギラス、ヒードラン等。霰パのユキノオーやフロストロトムも大ダメージを期待できる。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
でんじは - - でんき マシン

ステータス調整

素早さ

95+程度に調整しておくとバンギラス、メタグロスなどに調整をかけた多くのポケモンに先手を取れるようになる。

攻撃・特殊

特化してもれいとうビームでラティオスは乱数1。
仮想的となるポケモン相手に対し調整があまり活きないポケモンなので余ったら振る程度でいいだろう。

耐久

調整によって、ゴウカザルのインファイト、メタグロスのコメットパンチ等を耐えるようになるが、
努力値を大幅に割く必要があり、あまり現実的ではないかもしれない。
ちなみにゴウカザルのインファを耐えるにはHP252、防御124が必要。

もともと高い特防に振っても上昇幅は少なく、鈍足なのであまり素早さに振る必要が感じられないことから、基本的にHP252が主体となるだろう。
特攻種族値はなかなか高く、あまり振らずとも冷凍Bやふぶきにはなかなかの殺傷能力は出る。

持ち物

とけないこおり、たつじんのおび

ラティオスや無振りサンダーなどをれいとうビームで確殺できる。

ヨプのみ、リリバのみ

弱点である格闘、鋼タイプの被ダメを半減する。
格闘技が多い現環境ではヨプのみは便利。リリバはグロスやハッサムに対し効果を発揮する。

オボンのみ

確定数をずらす。特殊技だったらこれを持つだけで確定3~5発になる。

型サンプル

基本型

特性:クリアボディ
性格:ひかえめ
努力値:HP252、防御124、特攻132
持ち物:オボンのみ/ヨプのみ/とけないこおり/たつじんのおび/ジュエル など
確定技:れいとうビーム/まもる
選択技:10まんボルト/きあいだま/でんじはorこごえるかぜ/めざめるパワー(地、炎など)/みがわり など

努力値はサルのインファ耐え。
冷凍ビームとまもるはほぼ確定。霰パなら吹雪でも。
他の技候補としては、広い範囲に攻撃できる10万ボルト、バンギラスやテラキオン対策のきあいだま、ヒードランやハッサムなどに刺さるめざパ地or炎、特殊アタッカーに放置されやすい性質を生かしたみがわり、素早さを下げるでんじは、こごえるかぜなど。
苦手なやつにはめっぽう弱いので立ち回りが重要となる。

タッグ候補

ヒードラン
苦手なメタグロスをヒードランで縛る。
バンギラスなどにとても弱いが、レジアイスは砂パ相手に選出できるポケモンではそもそも無い。

対策

特殊面は非常に堅いが、物理面はそこまで堅くない上、弱点も突きやすい。
バンギラス、ゴウカザル、メタグロス、ヘラクロスなどが最有力。HGSSやBW2の教え技のけたぐりも有効。
最大の対策は特殊アタッカーを詰め込みすぎないこと。ハピナス同様そうそう落ちてくれない。
霰パ使用の際は注意。ゴウカザル、カポエラー等の相性補完を入れとかないと地雷になる。

外部リンク

添付ファイル