ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ダイケンキ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイケンキ

No.503 タイプ:みず
特性:げきりゅう(HPが1/3以下のときに水タイプの技の威力が1.5倍になる)
体重:94.6kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
水御三家 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ダイケンキ 95 100 85 108 70 70
カメックス 79 83 100 85 105 78
オーダイル 85 105 100 79 83 78
ラグラージ 100 110 90 85 90 60
エンペルト 84 86 88 111 101 60

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) でんき/くさ
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

イッシュの御三家水タイプ。
ほかの水タイプとくらべアンコール、メガホーン、エアスラッシュなど珍しい技のレパートリーを持つ
攻撃特攻に割り振られ無駄が多い種族値から、層が厚い水タイプに割り込んで使うには厳しいものが有る。

珍しい技を持つとしても、所詮は不一致なので、弱点を付いても大したダメージにはならず、耐えられてしまう
ことも多い。
エアスラッシュも素早さが低く、威力も少なく、追加効果にも期待できない。
メガホーンは、威力が高いが命中不安、さらにダブルで使われる草タイプの多くは葉緑素でこいつ素早くなる
ポケモンや、もともとこいつより素早いポケモンが多いので
使う前に一致草技を叩き込まれて倒されてしまうことが多い。
アンコールはなかなか優秀な技であるが、アンコールを覚える水タイプのポケモンはニョロトノやヌオーなど
他にもいるので、こいつでやる必要性はない。

こいつに限らず、BWのホワイトキュレム以外のイッシュ伝説竜同様、どうもイッシュの御三家の最終進化系は
不遇臭がする。

なお水と虫(メガホーン)の組み合わせを半減以下にされるポケモンは禁止伝説を除いて
水鋼(エンペルト)、水飛行(ギャラドス等)、水毒(ドククラゲ等)、水格闘(ニョロボン)、水ゴースト(ブルンゲル)、ドラゴン飛行(ボーマンダ等)、ふしぎなまもりのヌケニン
の7種類。メジャーなポケモンもちらほら居るものの、それらから有効打を受ける可能性もそれほどなくなかなか相性はいい。


技考察

物理技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
アクアテール 90(135) 90 みず - 物理の中の最高火力。命中を気にしないならコレ。
たきのぼり 80(120) 100 みず 怯み20% メガホーンと同火力。追加効果は素早さの関係上あまり期待できない。
シェルブレード 75(112) 95 みず 防御↓50% 追加効果は優秀だが威力は若干控えめ。
アクアジェット 40(60) 100 みず 優先度+1 先制技。
メガホーン 120 85 むし - 水の通らない草、水等に通る。無効がないので無駄打ちにはなりにくく威力も一致水物理ほど
つじぎり 70 100 あく 急所+1 抜群でも威力はアクアテールと大差なく、狙える相手は少ない。
ばかぢから 120 100 かくとう 自身の攻撃防御↓ BW2の教え技。威力は高いが居座りづらくなる。スカーフ向きか。
特殊技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
ハイドロポンプ 120(180) 80 みず - ダイケンキ最高火力。物理型でも入れるのは手。
なみのり 95(142) 100 みず - 命中安定。味方含む
ねっとう 80(120) 100 みず 火傷30% 命中安定技その2。相方に依存しない
れいとうビーム 95 100 こおり 氷10% 基本的な氷技。
ふぶき 120 70 こおり 氷10% 氷技。相手2体対象
こごえるかぜ 55 100 こおり 相手の素早さ↓ BW2の教え技。相手2体対象。アンコールと相性が良い。
くさむすび 100 くさ - 対水用
エアスラッシュ 75 95 ひこう 怯み30% ユキノオー、ヘラクロス、キノガッサなどに有効。
ただ、ルンパッパは倒しきれない。
変化技 命中 備考
アンコール 100 守るを見た後に出せる。ただ微妙な素早さが足を引っ張る。
ちょうはつ 100 補助技対策に
みきり :- タマゴ技。ふういん対策にまもるよりこちらがおすすめ。
てだすけ - BW2の教え技。サポート重視の場合に。自身の遅さをカバーして貰える。


ステータス調整

素早さ

同速にメタグロスがいるため、この周辺の素早さ調整は難しい。
少なくとも96~ほどは欲しい。

攻撃・特殊

以下実数値

ー物理ー
167(補正あり全振り):メガホーンでラティオス高乱数1発、帯込みメガホーンでHP252振りユキノオー高乱数1発 アクアテールでテラキオン中乱数1発
152(補正なし全振りor有り152振り):メガホーンで珠反動込みラティオスを高乱数1発
150(補正あり136振り):たきのぼりでゴウカザル確1 帯込みたきのぼりで191ウルガモス確定1発
120(補正なし無振り)メガホーンでHP252振りランクルス確2 

ー特殊ー
176(補正あり全振り)キングドラの雨珠ドロポン耐えメタグロスをハイドロポンプで高乱数2発
154(補正なし204振り)無振りヘラクロスをエアスラッシュで確1
137(補正なし72振り)無振りラティオスをれいとうビームで確2
134(補正なし48振り)無振りガブリアスをれいとうビームで確1、無振りテラキオンをハイドロポンプで確1、HP252振りシャンデラをハイドロポンプで高乱数1発

耐久

他の水ポケとくらべると物理面は並だが特殊面はそこまで硬くない
一応特化すればラティオスのジュエル流星群耐えは可能だが、攻撃を犠牲にしてそこまで特殊耐久に振るならばこのポケモンを使うメリットは得られにくい。

ー物理ー
191-122(補正無し164-122振り)で168カビゴンのおんがえし確3
191-119(補正無し164-108振り)でようきテラキオンのジュエルインファイト確2

ー特殊ー
201-128(補正有り244-212振り)でラティオスのジュエル流星群確2
191-117(補正あり164-132,補正無し164-212振り)で珠ラティオスの流星群確2
191-92(補正無し164-12振り)で135ロトムの10まんボルト確2
171-91(補正無し4-4振り)でひかえめシャンデラのエナジーボール確2

持ち物

こだわりスカーフ

補正なし全振りで115まで。236振りで110まで
補正ありならいわずもがな130属まで抜かせる。
メガホーンがあり、ラティオスを上から殴れるため相性はいい

ソクノのみ

サンダー等の10万ボルトを耐えられるようになる。

型サンプル

両刀型

特性:げきりゅう
性格:さみしがり/うっかりや/おとなしい
努力値:上記調整より
持ち物:たつじんのおび/ソクノのみ/オボンのみ
確定技:ハイドロポンプ/メガホーン/みきり
選択技:れいとうビーム/ふぶき/アクアジェット など

素早さが中途半端なので、相方が電磁波や凍える風を撒いてから登場できると良い。
トリパでの運用なら素早さが下がる性格でも良いだろう。

スカーフ型

特性:げきりゅう
性格:さみしがり/やんちゃ
努力値:素早さ252、攻撃特攻調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:メガホーン/ハイドロポンプ
選択技:れいとうビーム/ふぶき/たきのぼり/ねっとう/エアスラッシュ など

中途半端な素早さをスカーフでカバーする。
技のレパートリーは豊富とは言えないが、水技とメガホーンがあれば基本的に事足りる。

タッグ候補

ビリジオン
ダイケンキが苦手とするトリトドン、ウォッシュロトムに強い。ダイケンキはビリジオンが苦手とする炎タイプ全般を駆除する。
ギャラドス、サンダー相手はやや厳しいか。

対策

メガホーンとアンコールの二つがあることを頭においておこう。とはいえ前者は立ち回りに意識するだけで十分対処可能
後者はほかの水ポケモンと違いこごえるかぜを使えないため早いポケモンならそこまで怖くないが、70族より遅いポケモンは注意


外部リンク

添付ファイル