ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ムウマージ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ムウマージ

図鑑No.429 タイプ:ゴースト
特性:ふゆう(地面技無効)
体重:4.4kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ムウマージ 60 60 60 105 105 105
ゲンガー 60 65 60 130 75 110
きせきムウマ無振り 60 60 100 85 137 85
きせきムウマ全振り 60 60 116 85 153 85

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) あく/ゴースト
いまひとつ(1/2) どく/むし
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ノーマル/かくとう
特性ふゆうにより地面無効

ゲンガーに特殊耐久とタイプ相性面で勝るが、素早さととくこうで負けている。
とくこうはともかくこのラインの素早さ5の差は大きく
間にゴウカザル、テラキオン等のメジャーポケモンを挟んでいる。
技の面でも差別化になる技はふういん、いやしのすず、でんじは、わるだくみなど使いどころが難しいものばかりでかなり立場が怪しい。
以前はほろびのうたを中心としたパーティでよく使われたが、
今作ではすばやさに振ってしまうときせきヤミカラスに耐久と補助技の速度で負ける。

進化前のムウマはほろびのうたを使えるポケモンの中ではかなり耐久が高く、
いたみわけなどターンを稼ぐ技もありなかなか優秀。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
かげうち 40 100 ゴースト 先制攻撃。 遺伝
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
シャドーボール 80 100 ゴースト メインウエポン。ラティを確1にできない 自力/マシン
10まんボルト 95 100 でんき 多くの相手に等倍以上がとれる。主にギャラドス等の水タイプへ マシン
サイコキネシス 90 100 エスパー 格闘タイプへ。威力は微妙。 マシン
こごえるかぜ 55 95 こおり 2匹素早さ下降の強力な技。 過去教え
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
トリックルーム - - エスパー 基本的におきみやげや矯正ギブスとセットで。 マシン
でんじは 100 100 でんき ゲンガーとの差別化になる マシン
ふういん - - エスパー まもるやトリックルームとセットで。サポートが主 遺伝
おにび - 75 ほのお 物理アタッカーを機能停止させる。命中不安 マシン
いたみわけ - 100 ゴースト 使い方は難しいが、上手く使えれば意外な粘り強さを発揮する 自力
おきみやげ - 100 あく 退場技。見返りは少ない タマゴ
トリック - 100 エスパー デメリットアイテムやこだわり○○とセットで 過去教え
マジックコート - - エスパー 状態異常技やアンコール、ちょうはつを受けやすいので相性が良い。しかし技スペースが厳しい 過去教え

ステータス調整

素早さ

どちらかというと105族はマイナーなので、102族抜き、100族抜き程度に調整しても良いだろう。
耐久に重点を置きたい場合は無振りでも良いが、それに伴って抜かれやすくなるので注意。
もちろんトリックルーム始動役にする場合は最遅。

攻撃・特殊

ゲンガー同様サポートに重点を置きたいので、仮想敵に合わせて振りたいところ。
(おくびょう)44振りでHP252ゲンガーをシャドーボール→かげうちで確1、196振りで無振り猿をシャドーボールで確2など。
(ひかえめなど)156振りで無振りスターミー確1、204振りで無振りシャンデラ確1など。

耐久

やはりある程度の耐久は確保したいところ。
(ムウマージ)HP252特防68でラティオスの珠りゅうせいぐん耐え、HP252、防御20振りで特化メタグロスのコメットパンチ耐え、など。
(輝石ムウマ)HP228振りでラティオスのジュエルりゅうせいぐん耐え、(これのみ防御補正↑前提で)HP252防御148振りで無振りラティオスをコメバレで確1調整のメタグロスのコメットパンチ確3、など。

持ち物

きょうせいギプス

トリックルーム用。

メンタルハーブ

挑発、アンコール対策。挑発が飛んできやすいので候補に入る

型サンプル

ムウマージ基本型

特性:ふゆう
性格:おくびょう
努力値:素早さ252or102族抜きor100族抜き 残り耐久特攻
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/メンタルハーブ
確定技:シャドーボール/まもる
選択技:10まんボルト/エナジーボール/こごえるかぜ/めざめるパワー/ちょうはつ/おにび/おきみやげ/ほろびのうた/ふういん/トリックルーム

ラティオスやゲンガーに抜かれてしまうが、105族なので多くの相手に先手を取れる。
素早さを落として耐久に振るくらいならムウマのほうが使いやすい。
ゲンガーに劣り気味だが、ムウマージはエスパータイプのサイコキネシスで一撃で倒されないという利点がある。

ムウマ基本型

特性:ふゆう
性格:ずぶとい/おだやか/おくびょう/ひかえめ
努力値:耐久調整、残り素早さ、特攻
持ち物:しんかのきせき
確定技:シャドーボール
選択肢:こごえるかぜ/まもる/いたみわけ/おにび/ほろびのうた/10まんボルト など

輝石ムウマを使った型。
ポリゴン2ほどではないが、非常に固い。ラティオスのジュエル流星群やシャンデラのシャドーボールも調整次第では耐えることができる。
反面、火力はないので放置されやすい。
こごえるかぜなどで放置しづらい状況を作る必要がある。
特攻特化にすればおくびょうムウマージと特攻がほとんど同じになるが、耐久力が下がってしまう。

滅びムウマ型

特性:ふゆう
持ち物:しんかのきせき
確定技:ほろびのうた/まもる
選択技:トリックルーム/いたみわけ/おにび/くろいまなざし/シャドーボール/マジックコート/みがわり

高い耐久を生かしてほろびのうた。その後まもるなどでターンを稼ぎ相手を滅ぼす。
もちろん交代されてしまうので、黒い眼差しやクモの巣、特性かげふみなどで妨害する必要がある。

配分はおくびょうの場合はHS252、わんぱくの場合HP252、素早さ調整、残り防御、のんきの場合防御特化がベースになる。

タッグ候補

ソーナンス
かげふみで交代を阻止する。
まもるを覚えないので、集中砲火されて倒されてしまいがち。オボンやたべのこし、でんじはなどで耐え抜く必要がある。
とはいえ何回も耐えられるほど固くないので、決まらないことが多い。

対策

ムウマージの場合…
基本的にゲンガーと対策は同じ。マニューラカビゴン、メタグロスなど。おにびが怖いが、ゲンガーと違ってきあいだまを覚えないので、バンギラスでも良いだろう。
サブウエポンの幅はゲンガーほど広くないので、役割破壊は喰らいづらいだろう。
また、ちょうはつも効果的。ゲンガーとの差別化に補助技を多く含んでいる場合が多いので、それらを一気に封じることができる。
とはいえ火力も並程度はあるので、一致シャドーボールからは結構なダメージが来るので注意。

ムウマの場合…
マニューラ、カビゴンなどはムウマージと変わらず効果的だが、一撃では倒せないのでおにびやでんじはには注意。
火力は微妙なので、挑発はかなり効果的。基本的にメンタルハーブを持っていないので、ほとんど機能停止させることができるだろう。
またムウマージより遅いので決まりやすい。
その他として、みがわりやどくどくも有効。耐久型ポケの全般に効果覿面。
マジックコートを持っていた場合は状態異常やアンコール、ちょうはつなどを跳ね返されてしまうので注意。
ほろびのうたを絡めるムウマが相手だった場合、かげふみ持ちや黒い眼差し持ちを優先的に狙っていこう。早く倒さないと甚大な被害を喰らうので注意。

外部リンク

添付ファイル