ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ワタッコ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワタッコ

No.189 タイプ:くさ/ひこう
特性:ようりょくそ(天気が晴れの時、素早さ2倍)
   リーフガード(天気が晴れの時、状態異常にならない)
夢特性:すりぬけ(リフレクター・光の壁・神秘の守り・白い霧を無視して攻撃できる)
体重:3.0kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ワタッコ 75 55 70 55 85 110
トロピウス 99 68 83 72 87 51
エルフーン 60 67 85 77 75 116

ばつぐん(4倍) こおり
ばつぐん(2倍) ほのお/どく/ひこう/いわ
いまひとつ(1/2) みず/かくとう
いまひとつ(1/4) くさ
こうかなし じめん

素早さが高く、サポート技も充実している。

今作ではエルフーンという強力なライバルが出現。
とはいえ、エルフーンの覚えないねむりごなやリフレクター、いかりのこなを使え、地面無効なので相方がじしんを打ちやすい等、まだまだ活躍の場はあるはず。
実は最速のいかりのこな(このゆびとまれ)使いであり、ゴウカザルまでのねこだましを吸い寄せることが出来る。
警戒すべきはワタッコより早くねこだましを放ってくるマニューラペルシアンエテボースブニャットにも先制されてしまうが、それらは軒並みマイナーであるため気にする必要はないだろう。


ステータス調整

素早さ

ラティ兄妹やエーフィと同速、下にゴウカザルやテラキオンらが犇めく激戦区。最速以外の選択肢はまず無い。

攻撃・特殊

タスキや飛行ジュエルを持たせる場合は極振り、補助技のみと割り切るなら無振りで良い。
種族値は並程度とは言えどタイプ一致ジュエルアクロバットはなかなかの威力で、HPユキノオールンパッパ・いかく無しカポエラーらを確殺、HP振りローブシンや防御252振りハリテヤマを8~9割削ることが出来る。

耐久

弱点の多さも相まって紙耐久。HPに極振りしてもラティオスの珠りゅうせいぐんを受けると高乱数で落ちてしまう。
こう聞くといかりのこなと相性が良くないように見えるが、低耐久いかりのこなは即退場から後続アタッカーに繋ぐことができるためデメリットだけではない。

持ち物

きあいのタスキ

即死を免れる。いかりのこなと相性が良いが全体攻撃技に注意

ひこうのジュエル

アクロバットとセットで奇襲する。抜群なら十分なダメージが入る。

型サンプル

サポート型

特性:ようりょくそ/リーフガード/すりぬけ
性格:おくびょう/ようき
努力値:素早さ252 残り耐久
持ち物:きあいのタスキ/ひこうのジュエル/こうかくレンズ/たべのこし
優先技:ねむりごな
選択技:アクロバット/まもる/アンコール/みがわり/てだすけ/しっぽをふる/いかりのこな/リフレクター/いばる/にほんばれ/とんぼがえり/おきみやげ/アロマセラピー など

とにかくサポート技が豊富。
素早さ110からのねむりごなは安定こそしないものの当たれば非常に強烈。いかりのこななどを使い分けるとなかなか面白い活躍をしてくれる。
すりぬけはしんぴのまもりを無視してねむりごなを打てる。

タッグ候補

キュウコン
特性ひでりでワタッコのようりょくそを発動させる。
ねむりごなで苦手な相手をストップさせたり、いかりのこなでキュウコンを保護したりと柔軟に動く。
いわなだれが両者抜群で入ってしまうので、キュウコンの鬼火やワタッコのねむりごなで上手く捌くこと。

対策

こいつの一番厄介な技は先制ねむりごな。
タイプ相性でこちらが有利でも、先制できないと75%負ける。
しかし火力は非常に低くクロバットボルトロスエルフーンなどでちょうはつをすればほぼ機能停止。
もちろんラムのみ持ちポケで殴るのもいいが、他の技に注意。

外部リンク

添付ファイル