ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki エーフィ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エーフィ

図鑑No.196 タイプ:エスパー
特性:シンクロ(毒麻痺火傷状態に相手の技でなったとき、その相手を同じ状態異常にする)
夢特性:マジックミラー(マジックコートではねかえせる技を跳ね返す)
体重:26.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
エーフィ 65 65 60 130 95 110

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) あく/むし/ゴースト
いまひとつ(1/2) エスパー/かくとう
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

典型的な高速エスパーといった感じのポケモン。
すばやさととくこうが高く、耐久、特に物理耐久は不安。
スターミーフーディンアグノムラティオスなどライバルは多く、それらに比べ攻撃技の範囲が狭いなどからガチ使用は難しかったが、
夢特製のマジックミラー、新技のアシストパワーが非常に強力なためそれらとの差別化は気にする必要は無くなった。

パーティにいるだけででんじは、いばる、ダークホールなどは打ちにくくなる。
ちなみにダークホールは反射したときに相手2匹を眠らせる。ただしダークホールは改定で禁止になった。

普通に使っても強いポケモンではあるが、真価は能力上昇をじこあんじする要員としてだろう。
暗示要員共通の弱点であるちょうはつやほえるなど妨害手段を尽く受け付けない。

マジックミラーによって挑発、アンコ、威張るなどの妨害技を受けないのでサポートとしても優秀。
両壁やてだすけ、威張る、甘える、トリックルーム、トリック、スキルスワップなど様々なサポート技を持つ。
早いのでトリルは合わないように思えるが、トリル→後攻バトンによりアタッカーを無償降臨させることも。
耐久に不安はあるが、特性マジックミラーの優秀さにより他のサポートとの差別化を考える必要はない。
唯一同じ特性を持つネイティオと比べても、特攻・特防・素早さ・弱点の少なさで大きく差別化できている。



技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
でんこうせっか 40 100 ノーマル 先制技。威力は皆無 自力
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
サイコキネシス 90 100 エスパー メインウェポン候補 マシン
サイコショック 80 100 エスパー メインウェポン候補 マシン
アシストパワー 不定 100 エスパー じこあんじから使うことでオーバーキル化。瞑想があれば単体でも 遺伝
シャドーボール 80 100 ゴースト 対エスパー マシン
くさむすび 不定 100 くさ トリトドン、バンギラスなどに マシン
めざめるパワー 70 100 不定 鋼対策の地面や炎、悪対策の虫や格闘、4倍が狙いやすい氷など マシン
シグナルビーム 75 100 むし 対悪エスパー 教え
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
みきり - - かくとう 基本技 遺伝
まもる - - ノーマル 基本技。特定のパーティーでは優先 マシン
みがわり - - ノーマル 基本技。マジックミラーのおかげで状態異常対策はする必要が無いためやや優先度は低いかもしれない マシン
じこあんじ - - エスパー アシストパワーを最大限活かすための技。 マシン
あさのひざし - - ノーマル 単体では弱いが暗示パの場合強力 自力
めいそう - - エスパー 単体では使いにくいがモロバレルが出てきてもアシストパワーの火力が上げられる。 マシン
あまえる - 100 ノーマル サポート技。他のポケでやるのが無難か 遺伝
トリック - 100 エスパー こだわりトリックに 教え

ステータス調整

素早さ

100族~110族あたりには強力なポケモンが揃っているので、臆病最速が強く推奨される。
めざパ格闘や炎は最速に出来ないので注意。
それらのめざパを使う場合でも、すぐ下にテラキオンゴウカザルなどがいるので最速が基本。

なお、スカーフを使う場合はひかえめでも良い。

攻撃・特殊

素早さ特攻特化が基本となってくるだろう。
だがじこあんじを絡めるなら話は別。出来るだけ少なく振って耐久に回したい。
特攻に振らなくても耐久6段階にCが一段階でも上がればオーバーキル感満々の火力が出る。(ラティオスの全振りジュエル流星と互角)

耐久

通常の場合、振っても180振り(無振りラティオスをコメバレで確1調整グロスのコメット最高乱数以外耐え)ぐらいだろう。
タスキや珠の場合は無振り。振ってもラティオスの流星群などを耐えるのは難しい。

持ち物

きあいのタスキ

低耐久をカバー

いのちのたま

これも低耐久と相性が良い

こだわりスカーフ/メガネ

トリックと併用で

たべのこし

耐久上昇系の積み技をじこあんじするときに

型サンプル

基本型

特性:マジックミラー
性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま
確定技:サイコキネシスorサイコショック/みきり
選択技:くさむすび/めざめるパワー(炎/地面/格闘/氷など)/シャドーボール/でんこうせっか/あまえる/みがわり など

フーディンとの差別化を考えて、マジックミラーで運用したいところ。
格闘タイプの他、ドーブルにも有利に戦うことができる。

こいつに限った話ではないが、めざパがないとメタグロスには何もできないことも。

じこあんじ型

特性:マジックミラー
性格:おくびょう
努力値:素早さ252、耐久調整、残り特攻
持ち物:たべのこし/オボンのみ
確定技:アシストパワー/じこあんじ
選択技:くさむすび/めざめるパワー(炎、地面、格闘、氷など)/あまえる/めいそう/みがわり/あさのひざし/みきり/まもる など

耐久上昇をじこあんじしてから戦う。
せいなるつるぎに抵抗があり、かつ早いことが他にはない強み。
コスモパワーやバリアー、ちいさくなるから回したいところ。
火力の方は対策を参照すればわかるがムラっけやめいそうが絡むと耐える耐えないとかいう問題ではなくなり、相手は死ぬ。
パーティーの都合で長期戦になることもあるのでみきりをまもるにすることもある。
アシストパワーのみでメタグロスも軽々と殴り倒すが、悪タイプは暗示する対象のポケモン自体で対処する必要がある。

タッグ候補

メタグロス
エーフィが苦手なバンギラス・ラティオス・カビゴンの全てに強い。
シャンデラウルガモス、グロスミラーが厳しくなるので、他で補いたい

対策

バンギラス・メタグロス・ラティオス・カビゴン・ウルガモスなどが挙げられる。
スカーフシャンデラやマニューラで攻撃される前に倒すのも良い。
エスパー技に抵抗を持つポケがいれば「一般的なエーフィ」の対処は難しくない。

だが、積み技じこあんじには注意。くろいきりやドラゴンテール、ほろびのうた、こだわりトリックなどがないと対処は難しい。
ほぼ間違いなく主力技がアシストパワーなので、上記の技がなくともあくタイプがいれば多少は有利に立ち回れる。

参考までに耐久や回避率6段階アップをじこあんじした場合の威力は一致込みで210もありラティオスの流星群と同等。
そこからめいそう1回で上昇込みで405、めいそう6回で2280となる。
当然、威力2280の攻撃はあくとヌケニン以外で耐えられるポケモンは存在せず、
とくぼうが6段階上がったドータクンやクレセリアすら回復が間に合わず倒される。
また、元の種族値が130もあるので一度めいそうされた時点でほとんどのポケモンは一撃で倒されてしまう。

ちなみにムラっけと能力アップ技で達成できるが最高威力は技自体は860、補正込みで5160である。

外部リンク

添付ファイル