ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki テッカニン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テッカニン

図鑑No.291 タイプ:むし/ひこう
特性:かそく(ターン終了時に自分の素早さを1段階上げる)
夢特性:すりぬけ(しんぴのまもり、リフレクター、ひかりのかべを無視する。)
体重:12.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
テッカニン 61 90 45 50 50 160

ばつぐん(4倍) いわ
ばつぐん(2倍) ほのお/ひこう/でんき/こおり
いまひとつ(1/2) むし
いまひとつ(1/4) かくとう/くさ

非常に高い素早さと、特性加速が特徴。
出場制限の無いポケモンの中ではダントツに早く、最速は233。スカーフ88族まで抜かせる。
まもるを使ってかそくすることですばやさが2倍になったポケモンなども抜かせる。
攻撃もまぁまぁ程度はあり、いのちのたまなどを持たせればラティオス等へ確1を取る事もできる。
反面耐久に関しては低く、弱点も多い。

かそくで上がった素早さをバトンタッチする戦法をとることが多いが、この戦法自体はスキが大きくかなり潰されやすい。
まもってじこあんじしたり天候要員にするのも手。



技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
シザークロス 80 100 むし メインウェポン。 自力/マシン
とんぼがえり 70 100 むし 交代技。高い素早さから相性が良い マシン
つばめがえし 60 必中 ひこう 主に格闘タイプへ使う。 マシン
つじぎり 70 100 あく 主にゴーストタイプへ使う。 遺伝
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
むしのていこう 30 100 むし 相手2匹のとくこうを下げる マシン
いのちがけ 不定 100 かくとう HPの値も低いため確定で持っていける相手は少ない。ロトム等を倒すのには使える 遺伝
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル かそくと相性が良く、ほぼ必須 マシン
みがわり - - ノーマル 高いすばやさや、かそくと相性が良い。 マシン
バトンタッチ - - ノーマル かそくで上がった素早さをバトンする 自力
にほんばれ - - ほのお 天候の妨害として。 マシン
つるぎのまい - - ノーマル バトン用の積み技。積んでいる暇は作りにくいか マシン
いとをはく - 95 むし 相手2匹のすばやさを下げる 過去教え
いばる - 90 ノーマル 相手の妨害や味方のサポートに マシン

ステータス調整

素早さ

スカーフドーブル抜きの209程度あれば十分だろう。
加速なので1ターン目のまもるを前提にすればそこまで振る必要もない

攻撃・特殊

ラティオスやサザンドラを仮想敵に置いた調整が望ましい。
アイテム補正込みで確1になる程度なので残飯やタスキの場合はそれほど重要では無いかもしれない

耐久

振れば一応メタグロスのコメットパンチ程度は耐える。
みがわりを使うならhpは4nは避けるべき。
いのちのたまならば10nも避けた方がよいだろう。

持ち物

いのちのたま

火力の補強。

たつじんのおび

無振りラティオスが高乱数1、HP252クレセリアが高乱数2になる。性格補正↑なら確定になる。
基本的にいのちのたまの方が良い。タスキや珠持ちが他にいる場合に。

きあいのタスキ

安定の持ち物。

型サンプル

かそくバトン型

特性:かそく
性格:いじっぱり/わんぱく など
努力値:攻撃素早さ252
持ち物:たべのこし/きあいのタスキ など
確定技:シザークロス/まもる/バトンタッチ
選択技:つるぎのまい/みがわり

まもるやみがわりで素早さを上げ、後発にバトンタッチ。
メタグロスやシャンデラに回せればおいしいが、読まれやすい。

タッグ候補

テラキオン
炎タイプや岩タイプ、飛行タイプを縛る。
テッカニンはエスパータイプを殴ることができる。
後発にはメタグロスに強いポケモンが欲しい。

いのちがけ型

特性:かそく
性格:いじっぱり/ようき
努力値:HP252 攻撃素早さ調整
持ち物:ラムのみ/たべのこし/むしのジュエル/ひこうのジュエル/あくのジュエル
確定技:シザークロスorとんぼがえり/いのちがけ/まもる
選択技:つばめがえし/つじぎり/むしのていこう

最大HPは168。
HP4振りサザンドラを確定で倒せる。
たべのこしを持たせると天候ダメージによるHP減少を防げる。

タッグ候補

バンギラス
すなあらしを起こしてHPが169以上の相手のHPを削る。
テッカニンはたべのこし必須。
いのちがけが効かないゴーストタイプをバンギラスで対処できる。

ユキノオー
あられのほうがすなあらしと比べてダメージを受けるポケモンが多い。
ユキノオーと組む場合もテッカニンはたべのこし必須。
ゴーストタイプ(特にシャンデラ)の対処が厳しくなる。

対策

トリックルームが最も有効。特性を逆利用することが出来る。
後発にいる可能性があるメタグロスシャンデラウォッシュロトムなども含めて対策をしたい。
テッカニンだけを相手にするなら苦戦はしない。

外部リンク

添付ファイル