ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki バイバニラ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイバニラ

図鑑No.584 タイプ:こおり
特性:アイスボディ(霰天時、ポケモンチェックでHPを最大HPの1/8回復)
夢特性:くだけるよろい(物理技を受けた時、防御1段階下降、素早さ1段階上昇)
体重:57.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
バイバニラ 71 95 85 110 95 79
グレイシア 65 60 110 130 95 65
フロストロトム 50 65 107 105 107 86

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう/いわ/はがね/ほのお
いまひとつ(1/2) こおり
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

ステータス自体は悪くないものの、フロストロトムに耐性面とサブウエポンの面で完全劣化を喰らっている。
差別化できる要素としてはウェザーボールの習得で天候によってはメタグロスにも有効打を持ちうる点、
ぜったいれいど、ミラーコート、こごえるかぜ、ふういん、こおりのつぶて、ちょうはつ、ボディパージ等の習得がある。
スカーフでふぶきをぶっぱしたいポケモンなのだが、ロトムやグレイシアらとの差別化となる技がスカーフと相性が悪いものが多く歪な使い道を要求されてしまいがち。
そこそこある攻撃を爆発に使えれば何の問題も無かったのだが、爆発はこのラインの攻撃で使える技ではもはや無くなってしまった。

くだけるよろいが解禁。発動タイミングが難しいものの、スカーフを持たせなくとも高速アタッカーとしての仕事が行えるようになった。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
こおりのつぶて 40 100 こおり 先制技 遺伝
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ふぶき 120 70 こおり 強力な全体攻撃。霰パメタとなり得るので自身が霰パでない場合も選択肢に入る マシン
れいとうビーム 95 100 こおり メインウェポン マシン
ウェザーボール 50 100 ノーマル 威力とタイプが天候に左右される特殊な技 マシン
ラスターカノン 80 100 はがね グレイシア等に打つ。ピンポイント過ぎる気がしなくもない。 マシン
ぜったいれいど 一撃必殺 30 こおり 万能の突破技。中途半端な素早さが足を引っ張る。 自力
めざめるパワー 70 100 不定 メタグロスに打つ炎や地面など マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
ちょうはつ - 100 あく ドーブルよりすばやいちょうはつ。 マシン
ふういん - - エスパー ふぶきふういんならばエムリット等の方が現実的かもしれない。 遺伝
ボディパージ - - はがね すばやさを2段階上げる積み技。からやぶりパルシェンと比べるとリスクリターンがマイルド。 遺伝

ステータス調整

素早さ

何をするにしても特攻素早さ252振りになりがちだが、スカーフ型の場合
最速115族抜き(補正なし188振り)、最速111族抜き(164振り)程度に落とし、残りを耐久に回しても良い。

攻撃・特殊

特化してもラティオスを吹雪で確1は無理だが(低乱数止まり)、霰ダメージが入れば高乱数で落ちる。
HPサンダー・特防特化ボルトロス・HPモロバレルは確2。一撃で落とすには火力増強アイテムが必須。

耐久

耐久は並程度で弱点もメジャー。
タスキに任せるか、無視してスカーフで突撃のニ択になりやすい。
一応HPに極振りすればアイスボディ回復込みでサンダーの熱風2発耐えなども可能。

持ち物

きあいのタスキ

安定の持ち物。

こだわりスカーフ

スカーフ吹雪連打ゲーは単純に強力。ロマンだが絶対零度連打も。

型サンプル

タスキ型

特性:アイスボディ
性格:ひかえめ
努力値:特攻素早さ252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ふぶき/まもる
選択技:こおりのつぶて/ぜったいれいど/めざめるパワー(炎/地面)/ちょうはつ

グレやロトムとの差別化など一切考えず吹雪を連打してるだけでもそこそこ戦える。
差別化を考えるなら絶対零度や挑発を上手く使用したい。

タッグ候補

ユキノオー
タッグで吹雪。
弱点が大きく被っているので注意。

対策

最も簡単に処理できるのはバンギラス
メタグロスシャンデラハッサム等、氷技に抵抗を持つポケモンがいればそこまで苦戦しない。
ただ特性アイスボディにより、不一致の弱点技は2発耐えられる可能性もあるため
出来ればタイプ一致の弱点技で早めに潰したいところ。

外部リンク

添付ファイル