ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ウォーグル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォーグル

No.628 タイプ:ノーマル/ひこう
特性:するどいめ(命中率が下げられない)
   ちからずく(一部の技の追加効果がなくなり威力が1.3倍になる)
夢特性:まけんき(能力が下げられると攻撃が2段階上がる)
体重:41.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)


HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ウォーグル 100 123 75 57 75 80
ムクホーク 85 120 70 50 50 100
オオスバメ 60 85 60 50 50 125
トルネロス 79 115 70 125 80 111


ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) でんき/こおり/いわ
いまひとつ(1/2) くさ/むし
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし じめん/ゴースト

123ある攻撃と広めの攻撃範囲を持つポケモン。
耐久はH100、BD75と飛行にしてはそこそこ高いが、その分素早さは中途半端になっている。
その肝心な耐久もブレバや馬鹿力でガンガン削れるため数値ほど固くない。
おまけに耐性はマイナーで弱点はメジャー。
同じような役割で素早さが高いムクホークがどうしても気になる。
向こうはインファ使えるのに対しこっちは攻撃ダウンのばかぢから。
特性も適用される技の少ない「ちからずく」なので差別化にはならない。
故に通常特性では劣化ムクホークになる危険が高いので注意。

W2の固定シンボル限定ではあるが夢特性まけんきが解禁。事実上特性はこれ一択になるだろう。
同じ夢特性トルネロスの一致物理技で高火力と言えばアクロバットなのでアイテムがジュエルや木の実のような消耗品に限られてしまうが、こちらはブレイブバードが使える分、スカーフやハチマキ、いのちのたまも選択肢に入れることができる。
教え技として熱風も習得可能となったが意表を突ける程度。威力も頼りない。



型サンプル

物理基本型

特性:まけんき
性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃252、素早さ調整残り耐久/素早さ252
持ち物:いのちのたま/各種ジュエル
確定技:ブレイブバード/ばかぢから
選択技:とんぼがえり/おんがえし/おいかぜ/いわなだれ/みがわり/まもる

高い火力と広めの攻撃範囲で攻める。
攻撃ダウンは痛いが相性補完の馬鹿力は確定。
素早さ同族にシャンデラトゲキッスがいるので最速でもよいが、それだとムクホークが余計気になるので耐久に回す手もある。
耐久数値ではムクホークに勝っているが、特徴にある通り結局脆くなるので調整は効きにくく、遅いムクホークになりがち。
特性は基本的にまけんきを推奨。物理アタッカーにとって厄介な威嚇に強くなれる。
参考程度にA1段階上昇特化ブレイブバードでH164振りギャラドスを確定1発。

スカーフ型

特性:まけんき
性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃252、素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ブレイブバード/ばかぢから
選択技:とんぼがえり/おんがえし/いわなだれ

技5つのどれもが優秀で抜く技に困るが、あえて抜くならおんがえしだろうか?
まけんきでいかくをメリットに転化できるので何も考えずにブレバを連打してるだけでも結構強い

タッグ候補

ポケモン名(未作成)
組ませるメリット、注意点など

対策

基本的に遅いムクホークなので、ムクホークが対策出来ていれば取り立てて言うべき問題は恐らくない。
サンダーならブレバや馬鹿力を半減できる上に先制で一致の電気技を放てるため一番の対策。ボルトロスも悪くないが、耐久が低い分後出しする場合幾分か厳しくなる。
特殊耐久ではムクホークと開きがあり、不一致で弱点を突いた程度では倒しきれないことが多く、返り討ちにされることもあるので注意。
参考までに特攻252スターミーの珠10万ボルト若しくは冷凍ビームで無振りウォーグルが超低乱数1。

まけんきが解禁された為、安易に威嚇持ちを出して攻撃力を削ごうとするのは危険。

外部リンク

添付ファイル