ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki ミルホッグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミルホッグ

No.505 タイプ:ノーマル
特性:するどいめ(命中率をさげられない)
   はっこう(野生のポケモンと出会いやすくなる)
夢特性:アナライズ(自分の攻撃が後攻のとき、技の威力が上がる)
体重:27.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ミルホッグ 60 85 69 60 69 77

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2) ---
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ゴースト

悲惨な種族値&死に特性と引き換えに、ダブルで有用な技を数多く覚える序盤ノーマル。
おさきにどうぞを始めとした味方のサポートから相手の妨害までほとんどこなす。
攻撃力が高いがこちらを生かす機会はほぼないと考えていい。
攻撃技は10万ボルト、じたばた、きあいだまと意外に多彩ではあるが、
特攻60では使ったところで弱点突いても半分減るかどうかのライン。

オオタチが使えないおさきにどうぞやさいみんじゅつを使えるが、
鈍足な上死に特性で先制技・このゆびとまれが使えないのは大きいか。

BW2にて教え技が復活し、このポケモンは恩恵を多く受けることになった。
三色パンチ、種爆弾、アクアテールなどの強力な物理技習得により
攻撃種族値を活かせる結果になったもののダブルで技スペース削ってまで
これらの特技を入れたいかは微妙なところ。
一応アナライズも解禁されたのでこれを上手く活かせば
鈍足アタッカーとして活躍できる余地がある。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
いかりのまえば 固定 90 ノーマル 調整崩し、みがわり破壊、メインウェポンにするなど用途は様々。ほぼメインウェポン 自力
おんがえし 102(153) 100 ノーマル メインウェポンのはずだが相手によっては怒りの前歯より威力が劣る マシン
かみくだく 80 100 あく サブウェポン。超・霊に刺さるが威力は言わずもがな足りない 自力
じたばた 不定 100 ノーマル 決まれば強い。が、使う場面はかなり限られる。 遺伝
れいとうパンチ 75 100 こおり 攻撃特化+アナライズで無振りガブ、マンダが確1 教え
ほのおのパンチ 75 100 ほのお 鋼対策。 教え
かみなりパンチ 75 100 でんき ギャラピンポイント。一応他の水にも刺さる 教え
アクアテール 90 90 みず 威力は高いが刺さる相手が少ない 教え
タネばくだん 80 100 くさ 特化でラグラージ確1、アナライズ込みでヌオーも高乱1 教え
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
10まんボルト 95 100 でんき 範囲は優秀なサブウェポン。威力は微妙。 マシン
かえんほうしゃ 95 100 ほのお 鋼にしっかり、とまではいかないが刺さる。こちらもサブとして優秀。 マシン
きあいだま 120 70 かくとう 悪・岩などに刺さるが命中率は最低クラス。 マシン
シャドーボール 80 100 ゴースト 超・霊に刺さる。威力、範囲ともに微妙。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
みきり - - かくとう ほぼ必須。 自力
さいみんじゅつ - 60 エスパー 命中率は超不安だが決まれば強力。だが眠り自体弱体化されたので油断は禁物 自力
でんじは - 100 でんき 確実に当たる状態異常撒き。催眠術共々ラムに要注意。 マシン
おさきにどうぞ - - ノーマル コイツの代名詞的技だがあまり早くないためスカーフ持たせない限り使えない 自力
いばる - 90 ノーマル いばキーに。相手の嫌がらせにも使える マシン
にらみつける - 100 ノーマル 味方のサポートに。相手2体に当たる割と優秀な技だがクリアボディ、はとむねに注意。 自力

持ち物考察

オボンのみ

耐えて回復してもそんなに意味がない気がする。
あまり採用価値はない。

ヨプのみ

格闘弱点をふんわりと和らげる。
ブシンのアームハンマーを耐えるか耐えないかだが採用価値はかなり高い。

きあいのタスキ

基本的にはこれだがシングルとは違い集中攻撃を受けると儚く散るのでヨプ推薦。

たつじんのおび

攻撃型に。

こだわりスカーフ

持たせればサンダースクロバットなどの早いポケにも先制可能。
ここからのおさきにどうぞや催眠術はかなり強力。使える技は限られるが。


型サンプル

サポート型

特性:するどいめ
性格:おくびょう/ようき
努力値:HS252 / S252&仮想敵に合わせて耐久、攻撃、特攻調整
持ち物:きあいのタスキ/ヨプのみ/オボンのみ/こだわりスカーフ
確定技:みきり
選択補助技:おさきにどうぞ/さいみんじゅつ/でんじは/みがわり/にらみつける/いばる/あやしいひかり
選択攻撃技:きあいだま/いかりのまえば/じたばた/10まんボルト/かえんほうしゃ/おんがえし/かみくだく

基本型。味方のサポートを主に立ち回る。
攻撃技はいかりのまえばが一番優先度が高いと思われる。みきりはまもるより封印される可能性が少ないので採用。
珍しい技「おさきにどうぞ」を覚えるが77というすばやさは決して高くないので信憑性は低い。
無振りの火炎放射でハッサムが確2、10万ボルトでギャラが乱2と決定力にも欠けているがこれは仕方ないだろう。
HPに全振りするとボーマンダのドラゴンダイブ&流星群を確定耐え、メタグロスのコメパンを確定で耐えるなど
最低限の攻撃は耐えるのできあいのタスキよりはヨプのみ推奨かもしれない。
ドーブルより早い催眠持ちであるためさいみんじゅつも候補に入れた。
命中率もあって非常に使いづらいため、でんじはを変わりに入れても良い。
いばるとあやしいひかりは選択。いばるは隣をいばキー前提で考えるときに採用する。あやしいひかりはその他のときに。

タッグ候補

ローブシン
攻撃力の高いポケモンとの兼ね合いを考えた技を多く覚えるため敢えて上げるならこのポケモン。
おさきにどうぞ→アームハンマーや怒りの前歯→マッハパンチなどで縛れる相手も多いがゴーストタイプに弱い。

攻撃型

特性:するどいめorアナライズ
性格:むじゃき/せっかち/ようき/いじっぱり/さみしがり
努力値:A
持ち物:きあいのタスキ/たつじんのおび
確定技:みきり
選択物理技:おんがえし/いかりのまえば/じたばた/かみくだく/けたぐり/れいとうパンチ/ほのおのパンチ/かみなりパンチ/タネばくだん/アクアテール
選択特殊技:きあいだま/かえんほうしゃ/10まんボルト/シャドーボール
選択補助技:つるぎのまい/さいみんじゅつ/でんじは/みがわり

コイツは補助技が豊富なためちょうはつをしてくるトレーナーは多いはず。
それを逆手にとって攻撃技でダメージを与えていく型。両刀推奨。
怒りの前歯で無理やり調整を崩せるのでその後弱点を突いてダメージを与えていく。
余裕があれば剣舞積んだりしてみよう。どうしても無理な相手には催眠術などで味方、後続につなぎカバーしてもらう。
他のポケモンでもできるといえばそれまでだがミルホッグの高い攻撃種族値を生かすことができるのも事実。
メジャーポケ相手は言うまでもなく厳しいが、マイナー相手であればそこそこの活躍も見込める。

教え技解禁により無理に両刀にする必要はなくなった
ついでに言うとアナライズのために最速にする必要もない
最速にしたほうがいいのは言うまでもないが

タッグ候補

マリルリハッサムカポエラー
高威力の先制技を打てる相方が理想的。
ミルホッグの怒りの前歯を当ててこいつらで止めを刺せば相手もこのポケモンを放置することはなくなるはず。
ちなみに逆も可能。(例:ダイノーズにマリルリのアクアジェット→ミルホッグのきあいだまで倒せる)

対策

多彩な補助技を使いこちらをかく乱してくるポケモンなので、ちょうはつでほぼ機能停止になる。
攻撃も怒りの前歯を始めとしてかなり多彩なのでゴーストタイプが一番無難か。

外部リンク

添付ファイル