ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki バオッキー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バオッキー

No.514 タイプ:ほのお
特性:くいしんぼう(HPが半分になると木の実を使う)
夢特性:もうか(HPが3分の1以下になるとほのお技の威力1.5倍)
体重:28.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
バオッキー 75 98 63 98 63 101
ゴウカザル 76 104 71 104 71 108

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) みず・いわ・じめん
いまひとつ(1/2) くさ・はがね・ほのお
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

高い素早さと両刀で十分使える種族値だが、現状ではほぼ劣化ゴウカザル
あっちが覚えられる技とこちらが覚えられる技でも大きな差がついてしまっている。
ゴウカザルとは違い格闘がついていないため弱点があちらより少ないことがメリットか。
ただし元の耐久が低いところは変わらないので意味はほぼない。むしろ攻撃範囲が狭まってしまっている。
「あくび」「ドわすれ」「リサイクル」「かみくだく」が最大の違い。ここで差別化を図りたい。
リサイクルで木の実再生やジュエルを再生したりもできるが、あまり現実的ではない。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ほのおのパンチ 75(112) 100 ほのお 物理主体にすることは少ないので基本的にはオバヒや大文字のほうが優秀 遺伝
けたぐり 不定 100 かくとう サブウェポン。苦手なポケモンに刺さりやすいため優先度は高め 遺伝
アクロバット 55→110 100 ひこう サブウェポン候補NO.1。ジュエル使用後での活躍が期待できる 自力
いわなだれ 56 90 いわ ダブルでは定番のサブウェポン マシン
かみくだく 80 100 あく 刺さる相手は割と多く重宝するサブウェポン。ゴウカザルとの差別化にも。 自力
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
オーバーヒート 140(210) 90 ほのお ジュエルとあわせると○。 マシン
ねっぷう 75(112) 90 ほのお ほのおのパンチと同程度の威力で二体攻撃可能な特殊型のメインウェポン。 遺伝
だいもんじ 120(180) 85 ほのお 熱風より優先度は低いが威力はこちらが上。 マシン
くさむすび 不定 100 くさ 水や地面に刺さるサブウェポン。 マシン
きあいだま 120 70 かくとう どこぞの猿の劣化だが打てる相手は多い マシン
めざめるパワー 70 100 不定 氷や電気あたりか。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
あくび - 100 ノーマル 他の猿ポケとの差別化には必須の技。ダブルでは使いづらいか。 遺伝
ちょうはつ - 100 あく 積んできそうな相手に打つ。 マシン
リサイクル - - ノーマル ジュエルを再生したりできるがダブルでは厳しいか。 自力
みがわり - - ノーマル 異常をかわしたり天候の時間稼ぎなど。 マシン

ステータス調整

素早さ

  • 最速で実数値168
 ボーマンダ・ウルガモスより1早いのでいわなだれで奇襲をかける事ができる。
 ガブリアスより1遅いのが三猿にとっての弱点だろう。

攻撃・特殊

振りきれば187-138メタグロスがオーバーヒートで5割の確率で落ちる。無振りかつ持ち物なしでもオッカハッサム(≒ランク-2オバヒを通常ハッサムへ)をオバヒで確1。
しかしオッカ持ちグロスはジュエルを持ってしても倒せない。
攻撃面はジュエルアクロバットでいかくなしHPカポエラールンパッパが確1、三猿共通でこの威力。しかしズルズキンローブシンには耐えられる。

耐久

三猿共通で耐久は低い。捨てが基本だろう。

持ち物

きあいのタスキ

基本。

各種ジュエル

  • ひこうのジュエル
 ジュエルアクロで落とせる相手は少なく、打つ相手も格闘タイプくらい。
  • ほのおのジュエル
 オバヒと組み合わせて使うと割と強烈。
 とくぼう特化したナットレイも落とすことができる。

型サンプル

基本型(オバヒ物理型)

特性:くいしんぼう
性格:むじゃきorせっかち
努力値:S252&A252・C4
持ち物:ほのおのジュエル
確定技:オーバーヒート
選択技:けたぐり/アクロバット/ほのおのパンチ/いわなだれ/かみくだく/まもる/あくび/おにび

オーバーヒート+ジュエルで持ち物をなくした後にアクロバットなどを使い物理で攻めて行く。
範囲はゴウカザルに比べ狭いので、あくび等を上手く使い猿にはできない仕事をしたい。
当然タスキを持っていないため、自分より早い相手には何もできずに倒されることもある。
こだわりスカーフには要注意。

タッグ候補

ポケモン名(未作成)
組ませるメリット、注意点など

対策

ゴウカザルと同じように対策すればよいが、あくびなどの独特の技を持っており、何をしてくるか基本的に読めない。
だがねこだましやかみなりパンチを持っていることもないので、ゴウカザルより危険度は少なめだろう。
ただし、決して決定力が低いわけではないので、油断せずに戦おう。

外部リンク

添付ファイル