ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki マルノーム

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マルノーム

図鑑No.317 タイプ:どく
特性:ヘドロえき(HP吸収系の効果受けたとき、相手はHPを回復せず、回復分ダメージを受ける。)
   ねんちゃく(道具を奪う、交換する効果を無効にする。)
夢特性:くいしんぼう(HP減少で発動するきのみが最大HPの2分の1から発動する。)
体重:80.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
マルノーム 100 73 83 73 83 55
ベトベトン 105 105 75 65 100 50

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) エスパー/じめん
いまひとつ(1/2) どく/くさ/むし/かくとう
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

耐久がバランス良く高い鈍速毒単タイプ。

攻撃面は一致技が毒技な時点で突破力なんてものは無いし、そもそも種族値が低いが、覚える技の種類は多い。
4倍弱点の付きやすい氷技が使える点は評価できる。

とける、ドわすれ、たくわえる、のろいと積み技が揃っているが、
積める毒タイプならば、ベトベトンがちいさくなれるので、コイツでやる意味はそんなに無い。

アンコール、みちづれ、よこどり、カウンターと行った個性的な技を活かしてやりたい。
これらの技の揃いはエルレイドに近い。
殴っても強く、タイプ的な需要でも圧倒的に高いエルレイドの方が使いやすかったりする。
アシッドボムやどくガス等で差別化は可能ではあるものの、差が埋まるほどの技かといえばやや難。

特性はそれぞれ地味ではあるものの、役に立つ場面はある。
ヘドロえきはナットレイに対し完封級の相性を持てる。ローブシンのドレインパンチ等を読んで交代出しする際等にも働く。
ねんちゃくは補助技主体になりがちなこのポケモンがこだわりトリックを受けない意味は大きいだろう。
くいしんぼうは、イバンのみの早期発動のみちづれ等、独自の価値を生み出せる。



技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
ダストシュート 120 70 ノーマル メインウェポン候補。 自力
じしん 100 100 じめん 鋼や接地毒に。威力が出ないので有っても有利にはなり難いが無いよりは。 マシン
じならし 60 100 じめん 追加効果が優秀。 マシン
カウンター - 100 かくとう しねんメタグロス等に当てられるチャンスは有る。 過去教え
だいばくはつ 250 100 ノーマル 自己退場技。倒せる相手はほぼ居ない。 マシン
タネばくだん 80 100 くさ トリトドンピンポイント気味。 マシン
ほのおのパンチ 75 100 ほのお ナットレイピンポイント気味。 教え
かみなりパンチ 75 100 でんき ギャラドスピンポイント気味。 マシン
れいとうパンチ 75 100 こおり ランドロスやドラゴンへ。 マシン
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
アシッドボム 40 100 どく 半補助技。積み技とも相性が良い。 自力
ヘドロばくだん 90 100 どく メインウェポン。威力、タイプともに今一。 自力
れいとうビーム 95 100 こおり 4倍狙いで 自力
ギガドレイン 75 100 くさ 4倍狙いで 自力
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
どくガス - 80 どく 2体対象の状態異常技。パーティ全体の火力の底上げになる。 自力
あくび - 必中 ノーマル 特殊な性能の催眠技。 自力
アンコール - 100 ノーマル 補助技読みで使う。スイッチトリパへの対策としても。 自力
みちづれ - - ゴースト 色々なポケモンとの差別化要素になる重要技。 遺伝
よこどり - - あく 1つのスペースで積み技や回復技が使える。コンボ性の技。 過去マシン
ドわすれ - - エスパー 積み技。 自力
のろい - - ゴースト 積み技。 自力
とける - - どく 積み技。 自力
たくわえる - - ノーマル 積み技。 自力

ステータス調整

素早さ

最遅シャンデラ-1の75程度以下に抑えておくとアンコールでトリックルームを返せる場面は多くなるだろう。

攻撃・特殊


耐久


持ち物

もちもの1


もちもの2


型サンプル

型名

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:

タッグ候補

ポケモン名(未作成)
組ませるメリット、注意点など

対策

具体的な対策例など。

外部リンク

添付ファイル