ポケモンBW・ダブルバトル考察まとめwiki キレイハナ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キレイハナ

図鑑No.182 タイプ:くさ
特性:ようりょくそ(晴天時、すばやさ2倍)
夢特性:いやしのこころ(ターン終了時に3分の1の確率で隣の状態異常を回復する。)
体重:05.8kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
キレイハナ 75 80 85 90 100 50
モジャンボ 100 100 125 110 50 50
ドレディア 70 60 75 110 75 90

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) むし/ほのお/こおり/ひこう/どく
いまひとつ(1/2) くさ/みず/でんき/じめん
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---

高めの特殊耐久。モジャンボでは不可能なラティオスのジュエル流星群確定耐え調整が可能。
輝石モンジャラでも可能ではあるが、威力増強アイテムや、オッカのみの所持でステータス上での優位は示せるだろう。

技の面ではほぼドレディアの下位互換ではあるが、ステータスでの差別化が容易なので、
モンジャラやモジャンボとの差別化を意識した技を考えた方が良いだろう。
いかりのこな、やどりぎのタネを覚えない代わりに、フラフラダンス、あまえる、おさきにどうぞ、リーフブレード等を覚える。
一応やどりぎはキレイハナも過去の配布個体が覚えていたので使えないことは無いが、非常に入手困難。
フラフラダンスは運ゲー技ではあるが、ねむりごなとの重ね掛けなどもでき、強力な技。

攻撃技では特殊では草技以外にはめざぱしか無いような状態なので、かなり有効打が無い相手が多い。
ねむりごなで一応手は出せるものの、他のポケモンで攻撃範囲をしっかり補ってやる必要がある。
物理ではしぜんのちから、ドレインパンチが使え、つるぎのまい等も可能だが、バンギラスから確1が取れるわけでも無く、いかくを無駄に喰らうので特殊型が無難。

特性はようりょくそといやしのこころ。
ようりょくそからのねむりごなやおさきにどうぞは強力なのでようりょくそを活かせる晴れパに組み込むのが手っ取り早い。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 備考 習得
リーフブレード 90 100 ノーマル メインウェポン。 自力
しぜんのちから 100 100 じめん 実質じしん。シャンデラや鋼に通る技。 遺伝
ドレインパンチ 75 100 かくとう 教え
特殊技 威力 命中 タイプ 備考 習得
リーフストーム 140 90 くさ ジュエルを持てばHPバンギラスが高乱数1。 自力
ギガドレイン 75 100 くさ メインウェポン候補 教え
めざめるパワー 70 100 不定 鋼・草に通る炎。竜・草・飛に通る氷等。 マシン
変化技 威力 命中 タイプ 備考 習得
まもる - - ノーマル 基本技 マシン
ねむりごな - 75 くさ 攻撃技の範囲の狭さを補える。ほぼ必須技。 進化前レベル
フラフラダンス - 100 ノーマル 敵味方全員混乱のキレイハナの最狂技。マジックミラー・テレパシー無効 遺伝
あまえる - 100 ノーマル 遺伝
くすぐる - 100 ノーマル 遺伝

ステータス調整

素早さ


攻撃・特殊

特化+ジュエルリーフストームでHPバンギラスが高乱数1。
特化リーフストームはラティのジュエル流星群耐えをしたロトムやニョロトノ等に対しても高乱数1なので特化する意味は大きい。

耐久

175-147(196-212振り)…ラティオスのジュエル流星耐え。
175-128(196-60振り)…ラティオスの球流星耐え。

とくこうとの兼ね合いを考えると玉流星耐え程度に抑えて置いた方がいいかもしれない。

持ち物

もちもの1


もちもの2



型サンプル

型名

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:

タッグ候補

ポケモン名(未作成)
組ませるメリット、注意点など

対策

フラフラダンスとねむりごなの重ねがけがウザすぎるのでしんぴやみがわりが欲しい。
クレセリアがいると楽になる。ボルトロスのちょうはつ等も有効。
また、葉緑素が発動しても最速で218。おくびょうスカーフヒートロトム等なら縛れる。
ドレディアと違いちょうのまいを積んだりやどりぎのタネの可能性が少ない分は楽

外部リンク

添付ファイル