GORDITA


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GORDITAとは


  • 略称はGOA。異称としてAGL63があり、B-sister MADS-boxタンパク質の1種。


GORDITAの変異体


goa-1:GOAのT-DNA挿入mutant。
goa-2:GOAのRNAi体mutant 。
 ・WTと比べてやや太く短い果実ができた。
 ・Ms(中果皮)1,2,3の細胞サイズがWTよりも大きくなっていた。
③35S:GOA:GOAの過剰発現体。細く短く、非開裂な果実ができた。
 ・Msの細胞サイズが小さく、Ms2,3に関しては細胞数も減少していた。
 ・細胞分裂を制御する遺伝子(ROT4), 細胞伸長を制御する遺伝子(ROT3, LNG1,2, AN, CYP90D)の発現量が減少した。

→これらのことから、GOAは中果皮の細胞サイズを大きくしない方向に働き、
 細胞数についてもある程度の関与をしていることが示唆される。


参照