レイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通称:レイン/澪(れい)
性別:♀

年齢:16歳
髪:黄色で、上のほうは黄色に近いオレンジ色(だんだん色が薄くなってくる)。長さは腰ぐらいまで。全体的に丸い感じ。

目:綺麗な水の色(青色)。少したれ目。

服装:黄色の半透明ワンピースの上に、黄色+黄緑色の布の裾を2つに括ったドレス?のようなものを着ている。靴は黄緑の足首上ぐらいまでのブーツ(上のほうが僅かにひらひらしている)。
ついでに言うとひんにゅー。

装飾:頭には黄色のガラス玉が2つ付いた青のカチューシャ、首にはオレンジ+黄色の丸い大きな宝石が付いたネックレスをつけている。その他にも右腕や左足などに装飾品を付けている。

武器:首のネックレス。使用方法は宝石を両手で握って祈る。

技:
・光の球が現れ、その球が複数の対象を包み込み、対象達を攻撃から護る。
攻撃を防ぐ回数は3回までで、3回攻撃されたらまた新たに技を掛け直す必要がある。

・先程述べたものよりも強力な光の球が現れ、その球が対象を包み込み対象を攻撃から護る。
攻撃を防ぐ回数は5回までで、5回攻撃されたらまた新たに技を掛け直す必要がある。
しかし、力の消耗が激しい。

・暖かい光が対象を包み込み、対象の負った外面的な傷を治す事が出来る。

・空から幻想的な光の粒が舞い降り、複数の対象の負った外面的な傷を治す事が出来る。
しかし、力の消耗が激しい。

・暖かい光が対象の体内に入っていき、対象が負った精神的な軽い傷を治す事が出来る。
しかし、力の消耗が激しい。

・眩く輝いた光が対象の体内に入っていき、対象が負った精神的な傷をかなり治す事が出来る。
しかし力の消耗がかなり激しく、これを使った後はレイン自身が倒れてしまう。

・多数の強い光の球が現れ、複数の対象を襲う。
火傷させたり目くらましさせたりする事が出来、割と強力な技だが、致命傷には至らない。
また、これを使うと激しく力を消耗する。

・空から無数の雷が落ち、複数の対象を襲う。これに当たると良ければ重傷、悪ければ即死となる、かなり強力な技。
…が、その分力の消耗も激しく、これを使った後はレイン自身が倒れてしまう。


性格:人見知り+超が付くほどの泣き虫。少し怒られただけですぐに「ふぇ」と泣き出す。他人が怒られててもぐすぐすおろおろ。極度の被害妄想の持ち主。ちょっとしたこと、どうでもいいことですぐぴーぴー騒ぐ。
その場にいるだけで癒されるような癒しキャラ。絶賛マイナスイオン発生中。
また、動きも喋りもとにかくとろく(動きについては「ぽてぽて」とか「とてとて」とか擬音がつきそうなほど)、究極の天然+ドジ(何もない所でもこけっと転んではふぇっと泣き出す)。
そして過度の人を思いやる心、優しい心を持ったお人好しでもあり、知らない人だろうが敵だろうが傷つけてしまったらすぐ謝ったり、治療したりもする。
ラインの双子の姉。若干ブラコンの気有り。
運動神経は最悪だが、勉強はそれなり…という訳でもなくただひたすらおバカ。「1+1は?」で「3」とか言い出す始末。
でもお料理はそれなりに上手。

口調:基本敬語。常におどおどおろおろぐすぐすもごもご。語尾がよく間延びしている。噛む事も多々。どもりまくり。
普通の会話をしているとき、常に相手が傷つかないような言動をと考えている為、反応がワンテンポほど遅れる(謝ってるとき以外)。
例…「ふぇっ!ご、ごめんなさいー…ぐすっ」
「あ、あの、私はレインっていいましゅって噛んじゃいましたぁぁー!ふぇぇぇごめんなさいぃぃぃ!!;;」
 

口調例などはこちらをご参照くださいませ。

一人称:わたし、私
二人称:○○さん、○○(たまに)、貴方 物にさえ「さん」付けします。
三人称:あの人

アクア家の者の呼び方…
全員さん付け。

その他設定:
双子。
首に付けているネックレスの黄色い宝石は、通称「光のたま(玉、魂、霊)」と呼ばれるもの。光の精が宿りし神秘のたま。

過去設定:特に書くようなことは起きていない。んだけど実はレインは全く覚えていないし、ラインもほんの僅かにしか覚えていないが、実はクモリがまだ生きていた頃に作られた光のたま・水のたま実験用人造人間だったりする。 …が、特に生活に差し支えはない。
 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。