夜宵


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夜宵(やよい)
【黒い巻貝】

性別:女
年齢:22歳だが、大抵は秘密にされる。「女子に年を訊くとは、失礼な奴よのう」

髪:黄土色に近い金髪。団子(ひとつ)にしており、位置は耳上だったり耳下だったりするがサイドが多い。
赤い紐、もしくはとても長い赤い帯状の布で結っている。

目:左目が赤で右目が緑のオッドアイ。つり目。右目の下に黒子がある。
舞う時は右目が草色に淡く光る。

服装:上はスリットの入った藍色の着物。袖や裾にシンプルな赤い刺繍と白い水玉模様がある。
下は丈のごく短い黄緑色の袴。その見た目はもはやプリーツミニスカートに近い。左腰部に黒い紐飾りがある。
膝上まであるハイソックス足袋と赤い下駄を履いている。

装備:桜色の勾玉が飾られた首飾りを身に付けている。
またハリセンを隠し持っている。

武器:緑色の扇

技:
地舞…森、平原、湿地、岩山などに地形を変える(という幻を見せる)。自然がない場所では「葉舞」などの技が使えないため最初にこれを舞う。

草舞…草を急速に成長させ、相手の足をとる。

蔦舞…「草舞」の強力版。相手を拘束する。

葉舞…風がなく、また揺らさずとも木々を大量に落葉させ、相手の目をくらませる。

刃舞…「葉舞」の強力版。落とす葉を刃のような鋭さにする。

樹舞…その場にある木々を倒す。

震舞…地震を起こす。

割舞…地割れを起こす。

山舞…実際に地形を変化させ、小さな山(丘)を作る。敵から身を守る為などに使用。
ただし力の消耗が激しい。

能力:かつて行ったことのある場所に瞬間的に移動する(させる)ことが出来る。
遠ければ遠いほど、また移動させる人数が多ければ多いほど力の消耗が激しい。

性格:
基本的には落ち着いてはいるが気高い(決して高慢なわけではない)。雅で風流なものと自然を好む。
品のないことを言う者はハリセンで引っ叩き、気に入らないことがあると「必殺・卓袱台返し」をする。(例:洋食を無理やり食べさせようとする)
少し我侭で、融通の利かないところもある。果断な性格。また、たまに茶目っ気のあるところも見せる。

とにかく日本が大好きで、和食しか食べず、和服しか着ず、畳ではないと落ち着かない。日本に誇りを持っており、馬鹿にされると激怒する。
日本舞踊が得意で、舞わせれば天下一品。人はその姿に、狐のようなしなやかさや孔雀のような麗しさを見るという。

外国語が苦手かと思いきや、必要とあらば発音よくスラスラと複数の言語を喋り、また理解する。 

口調:古めかしい日本語を話す。ただし似非。
特殊な読みをする言葉(例:てふてふ→ちょうちょう)などをそのまま(例:てふてふ)読んでしまうことがある。
比較的漢字の使用が多く、また詩的な表現をすることがままある。
例…「美しき月よの。…そう思わんかえ?優麗たる姫君がやって来たと、古人が想像するも道理じゃ」
「桜が散るを悲しと思うか?ふふ…そなたも未だ未だじゃな」
「…それ程までに言ふのであらば、仕方無い。特別に、舞を見せて進ぜやうぞ」
「わらわにかやうな物を食べさせる気か!?」

一人称:わらわ
二人称:おぬし、そなた、そち、汝、○○
三人称:あやつ、そやつ

その他設定:
本名はユイ・フォールという異国人。
かつて数多の国々を旅していたが、東洋に浮かぶ島国、日本をいたく気に入り、そのまま住み着いた。
今では日本人よりも日本人らしい。

また、実は右目は「大地のたま」と呼ばれる、大地の精が宿った神秘の珠。
扇は物心ついたときから持っていた。
実は八つの尾を持つ狐と虹の輝きを放つ孔雀との子。
過去設定:
かつて異国に住んでいた。両親は知らない。
その時はソバカスとふたつの長い三つ編みを持つ、今では考えられないほどおっとりとして夢見がちな少女だった。

ある日、(幻聴かどうかは分からないが)予言めいた言葉を聴き、また「理想の場所」を求めて、世界中を旅することになる。
 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。