魔導火


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔導火
魔界の炎であり、魔戒騎士の携行するライターに蓄えられている。太古の昔、人々に敬遠されていた「炎人(ほのおびと)」と呼ばれる男が魔界の炎を研究し、ホラーに苦戦する魔戒騎士に浴びせ、勝利へと導いた。これが後の「烈火炎装」となった。
第20話において、ザルバも発することができることが判明している。
指令書の解読
ホラー探知(憑依された人の瞳にかざすと魔導文字が浮かび上がる)
「烈火炎装」のための触媒
傷の治療
といった用途があるが、魔導力の修業を受けた者しか扱うことはできず、常人は一瞬で焼き尽くされる。尚、補充は番犬所にある種火を用いる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。