※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブログ過去記事からの転載

この二つが上手く使えると格闘戦が大分変わってくると思う

Uターンはその名の通りUターンするだけ

1.相手が格闘目的で後ろから追ってくる
→相手との距離を考えて適当な位置でUターン

2.格闘中に相手の格闘カットがきそう
→短いUターンを挟んでカットが来る方向に向きなおし格闘続行 
 格闘に来た相手も巻き込む(カットに来る機体の格闘範囲は考慮する)

3.1on1の差し合いになった
→自分の硬直を狙ってきた相手から離脱した後即Uターンして格闘

頭上往復は動画でもよくやってると思うけど
相手の頭上で数回往復して格闘ダッシュの下降で格闘を当てに行く

頭上はTPS視点でもほとんど視認外なので
完全に相手の視界から消えれる上に頭上と言うことで急降下が可能
相手からすると敵がどこにいるか分からないうちに
急に画面内に現れて格闘を当てられると言う感じになる

他にも1onだと視認外=格闘ダッシュが使えないので
相手のブーストを浪費させることが出来る

ただしあまり多用しすぎると読まれてUターンで簡単に返されてしまうことが多い(Uターンの3)