骨黒 呪


<名前> 骨黒 呪
<性別> 男
<性格> 基本冷酷
<容姿> 白髪逆立ち
<武器> 小型ナイフ
<能力> 闇
【データ】
名前:骨黒 呪
読みがな:ほねぐろ のろい
年齢:24歳
性別:男
性格:基本冷酷 男らしい一面も 優しい一面も
好:いきがってる奴をかっとばすこと 戦闘 故郷
嫌:綺麗事 理想 見下す奴 馴れ馴れしい奴 高所
容姿: 白髪逆立ち つり目 ピアス/髑髏のネックレス 黒いTシャツ(基本)
出生地: バロックタウン
種族: 人
所属: 元NEW
仲間: 新之 剣 炎士 火之丸 桃崎 蘭花 岩谷 大地 メモリー 水野 萌 トン丸&レキテル スモーキン マルボ
【ステータス】
腕力:>>>
魔力:>>>>
速さ:>>>>
運 :>>>>
体格: 長身細マッチョ
身長: 185cm
体重: 75kg
得意属性: 魔法系全般(一部除く)
弱点属性: 光属性 同等以上の闇属性
必殺技:「闇弾(ダークマター)」:黒い塊を出して相手にぶつけ破裂させる。闇がおおければ多いほど作ることができる。
「魔鉄槌」:パワー増強型。強い魔力を含む打撃で、一発あてると三回体内で衝撃を爆発させる技。
「砲魔」:闇の波動。自分が窮地に追い込まれれば追い込まれるほど強くなる。闇が周りに多くても強くなる。
「撫で斬り」:小型ナイフに闇の波動をまとわせて投げる
「大邪」:威嚇技。相手の動きを一定時間封じる。
「吸血」:相手のエネルギーを吸出し自分のものにする。そのためには相手に触れなければならない。
闇が多ければ多いほど、また、追い込まれれば追い込まれるほど(死が近づくほど)パワーもスピードもあがる(後者の場合、体力はほとんどない)
【装備】
武器:小型ナイフ
アクセサリー:髑髏のネックレス…闇の力が増せば増すほど、髑髏部分が激しく回転する。
習得魔術:闇
覚醒:「Berserker」:身体能力増強型。各々のスキルレベルが相当あがる。理性がなくなり、殺戮マシーンのようになる。
「黒龍」:巨大な黒い龍(波動の塊)を放つ。長く大きく、威力も恐ろしくある。
「暗黒時代(ダークエージ)」詳細不明。空間技。
【プレイ用】
一人称:俺
二人称:てめぇ ガキ バカ 相手の特徴をとらえた呼び方(ロン毛等)
口調:新之以上に荒い
【備考】
バロックタウン生まれの男性。メモリーとは幼馴染で、迫害に耐えながら過ごす。「呪」の名は骨黒家の中でも高い才能を持つものにのみ与えられる名で、呪は生後まもなく能力が芽生えたためそのまま名前になったという異例の存在であった。
 青少年期は無愛想ながらも信念を通す男だったが、ある事件をきっかけに邪魔する奴や気に食わない奴は誰であろうと潰す残虐な性格になってしまう。相手をなぶり殺すことが楽しく、強い相手なら相手であるほどそれが楽しい。
 メモリー同様元NEWの幹部で、メモリーよりも上におり、ボスレベルの幹部であった。のち、剣達と直接ぶつかった後色々あった上でNEWを裏切り剣側につくことになる。
 仲間うちでは、未だ溶け込もうとしない存在であるが、仲間たちからは積極的に絡まれるため、なんだかんだで良い関係を保っている。メモリーからは特にべたべたくっつかれ、うざがっているものの大切な存在であることは間違いないようだ。
 神士の印である紋章は体内に存在するのが闇の力の持ち主の特徴で、闇の力を体内に蓄え放出、物質化し戦闘する。力が増せば増すほど、ネックレスが反応し、されに増せば額に紋章が浮き出る。NEWのボスクラスにいたこともあり、実力は仲間内でも上である。

●声のイメージ:関智一

新之:二人称「クソガキ、茶髪、う●こ髪or新之」最強に仲が悪い。いつも喧嘩をしてる。しかし剣の潜在的な強さを認めており、NEWから引っ張りだしてくれたことへの感謝も少なからずある。
炎士:二人称「メガネチビor炎士」非常に怖がられていたりもするが、すごい尊敬のまなざしを向けられたりする生意気なガキ。
桃崎:二人称「ペチャパイ、薔薇女、ガキor桃崎」そんなに怖がられていないことが不服。調子が狂う。ペチャパイというたびホンキで蹴られる。新之との関係をからかう。
岩谷:二人称「クマ、マッチョor大地」大地の性格が性格なので調子が狂い、なんだかんだで仲良くなる。飲み仲間。
メモリー:二人称「メモリーor鳴」特徴で呼ばない。メモリーへの感情は、あまり顔にも素振りにも出さないが、大切に思っている様子。たまに本名で呼ぶ。
水野:二人称「泣き虫or水野」仲間内で唯一可愛いとおもいあんまいじめない。しかし怖がられている。
トンレキ:二人称「豚 ザリガニ」スケベなところが調子乗っていると思い気に食わない。が、自分と同等以上のスキルを持ち合わせているため認めてはいる。結果仲はそんな悪くない
スモーキン:二人称「スモーキン」戦場の先輩。話すことが仲間内では多いほう。尊敬半面小ばかにする。
マルボ:二人称「がきんちょorマルボ」うるさいガキ とにかくうるさいガキ 新之ほどではないがすごいなつかれる。