コウスケ

<名前> コウスケ
<性別> 男
<性格> 面倒臭がりだけどやるときゃやる。
<容姿> 赤茶髪。長袖ワイシャツの制服姿。鎧の肩当てや腰当て。
<武器> 魔剣『マサムネ』
<能力> 闇属性魔術、自己強化
【データ】
名前:桜田 康祐
読み:さくらだ こうすけ
年齢:17歳
性別:男
性格:面倒臭がりで常にマイペース、どこか抜けている。何だかんだでお人好し、やる時はやる。
好:アイス、その他甘いもの全般。漫画。年上のおねーさん。
嫌:死。面倒臭いこと。キュウリ。
趣味:立ち読み。ゲーム。友達とのだべり。携帯いじり。チャット。
容姿: 横に跳ねてる赤茶髪。長袖ワイシャツの制服姿(ネクタイなし)。その上に何故か鎧の肩当て腰当て。やや童顔。
出生地:異世界の郊外の街。
種族:人間
所属:
仲間:
【ステータス】
腕力:>>
魔力:>
速さ:>>
運 :>>>
ある程度剣術を出来る様になったとはいえあくまで学生、通常時は結構弱い。
能力が自己強化系なので、戦闘時にはかなりの変動を見せる。
強化の程度はその時のコウスケの感情次第なので、正確な変動値は不明。
体格:やや細身だが、普通の学生レベルの体格。
身長:168cm
体重:59kg
得意属性:近距離型(特にスピード低い相手)。闇属性。
弱点属性:遠距離型。強い光属性。
必殺技:『渾身の魔拳』漆黒の闇のオーラを纏った拳で渾身のパンチ。かなりのパワーを誇るが、発動前後の隙は結構でかい。
    『魔拳の乱打』闇のオーラを纏った拳で何度も殴る。この技の後に渾身の魔拳をシメに使うこともある。
    『魔王剣レヴァンスレイヴ』魔力で巨大な剣を生み出し、思いっきり振り下ろす。範囲・威力・発動前の隙共に超弩級。
    『超進撃』全身を覆う様に闇のオーラを纏い、猛突進。相手の攻撃に打ち勝ちやすく高威力、だがやっぱり攻撃後の隙はでかい。
    『魔王覚醒』魔王ノ血の力を完全解放し、魔のオーラを纏う。パワー・スピード大幅上昇+全攻撃に闇属性付加。
          コウスケ自身の自己暗示が原動力、彼の強い思い込みによって覚醒の強さや発動時間が伸びる。
          しかしどちらにせよ短時間な上に消耗が物凄く、一度発動して解除されれば確実にぶっ倒れる。
【装備】
武器:《魔剣『マサムネ』》
   曰く付きの魔剣…ではなくただの模造刀。その為パッと見は日本刀だが、物を斬ることは出来ず実質的に打撃武器。
   しかし異様な程の強度を誇り、コウスケの能力によって戦闘でも十分使える代物と化している。無銘の刀だったが、コウスケが適当に命名した。
防具:肩当て、腰当て、篭手
アクセサリー:なし
習得魔術:《魔王ノ血》
     本人も知らず知らずの内に得ていた『力』。感情を力に変えて身体能力や魔力などステータスを大きく変化・上昇させる。
     いわば自己強化の能力。ただ、精神的に不調な時は殆どまともな上昇を見せることはない。
【プレイ用】
一人称:俺
二人称:お前、その他相手の風貌や特徴から適当に呼ぶ(「おっちゃん」「おねーさん」だの帽子被ってる人には「帽子の人」だの)
口調:普通の少年口調、だがやや気力無さそうな感じ。
PL:黒柘榴
【備考】
未知の能力に目覚めたが故に異世界に召還させられる羽目になった高校生。一応主人公格、のはず。
面倒臭がりで大して気力もないが、助けを求められれば駆けつけてくれるやる時はやる性格。
やや童顔。悪くない顔立ちなのだが、交際歴無し。どうにも女の子との縁がそんなにないらしい。因みにおねーさん系の人が好み。
かなりの甘党。アイスは大好物、その他お菓子など甘いものをよく食べている。が、和菓子はそんな好きじゃない。
一見だらしない少年にしかみえないが、お人好しかつ純粋に優しい。

剣術はまだまだ未熟、コウスケ自身は普通に弱い。『魔王ノ血』の力で自分を強化し、力任せに戦う。
攻撃力上昇がメイン。殆どが破壊力が高い攻撃的な技ばかり。その代わり防御力は普通に低い。
主人公格だが、防御がかなり低かったりとバランスが悪く自己強化時はかなり攻撃寄りなステータス。