オーレン=バルダッサーレ

  • かつて、ウエストランドには小さな街があり、長い間、外からの悪党に苦しめられてきた。
 街の領主夫婦には3人の子供たちがいた。夫婦は彼らに希望を託し、街を守り、悪に対抗する為の術を徹底的に叩き込む。
  • 数十年が経つ。
 一番下の弟は倒れた。
 二番目の妹は外への電車に乗り、
 長女は悪党を統べる側になる。




  • ナインがウエストランドを出る数年前、幅を利かせていた悪人。
 圧制を強いる領主一味に武器を流し込んでいた。
 領主は倒れ、やがてナインと彼女の一騎打ちとなるが、
 舞台だった廃工場は戦いの末爆発、ナインは脱出するが、彼女の生死は不明のままである。