ジャンヌ

<名前> ジャンヌ
<性別> 女
<性格> 気怠げな偏屈者
<容姿> 赤い魔術師帽子にマント。桜色の長髪。オッドアイ。
<武器> 魔術杖『ウロヴォロス』
<能力> 闇属性の魔術
【データ】
名前:ジャンヌ・ラ・クロロ・レーチェ
年齢:外見は19歳前後(実年齢はもっと上)
性別:女
性格:常に気怠そう雰囲気を醸し出している。偏屈かつ傲慢で、非常にプライドが高い。
   たまに遠回しに優しさや気遣いを見せることがある。素直じゃないが悪い人ではない…はず。
好:ミルクティー。蛇。煙草(キセルを使うことを好む)。音楽。
嫌:コーヒー。酒全般(少し飲んだだけで酔い潰れる)。生真面目な奴。面倒臭い奴。奇麗事。
趣味:音楽鑑賞(色々聴くが、穏やかな曲が好き)。レコード盤集め。キセルを使っての喫煙。
容姿:ウェーブのかかった桜色の長髪。常に気怠そうな顔。右目が紅、左目が金のオッドアイ(ジト目気味)。
   メガネをかけている。暗い紅の魔法使い風のトンガリ帽子。暗い紅のマント。
   マントの下は長袖の黒い服。長い裾がゆったり広がった黒いズボン。つま先が反り返った靴を履いている。右人差し指に指輪。
出生地:
種族:人間(魔術によって不老の身体となっている)
所属:放浪の身
関係:ニコル:旅に連れて行くことになった弟子。
       最初は興味を持たず適当にあしらっていたが、旅を続けて少しずつ打ち解け気に入り始めている。
   レルバス:ジャンヌに惚れて、積極的にアプローチを仕掛けてくる魔術師。
        うざい。ただ、実力は認めている。
【ステータス】
腕力:>>>
魔力:>>>>>
速さ:>>>
運 :>>>>
体格:結構スタイルがいい。
身長:161cm
体重:55kg
得意属性:闇属性。肉弾戦型。
弱点属性:強力な光属性。奇襲型。
必殺技:
「フェイク・マトン」空間から漆黒の鎖を放ち、鎖が巻き付いた他者の身体の部位の自由を奪って操る。
          巻き付かれた鎖に抵抗することは出来ず、完全に操られた状態になる。ジャンヌを攻撃して魔術を崩せば解除される。
「ウィッチ・ナイツ」様々な形状へと変化する『影』を召還し、自在に行使する。
「シュテルベン・ガッシュ」大柄な漆黒の刃を放つ。直接放つ以外にも、地面から突き出させること等も出来る。
「サモン・シュランゲ」禍々しい闇で形成された巨大な蛇を自在に行使する。
「ヴァルプルギス・ナハト」周囲一帯を闇で包み、膨大な闇の空間を生み出す。
「えげつない蹴り」ただの蹴り。かなり痛い。

【装備】
武器:《魔術杖『ウロヴォロス』》
   ジャンヌ愛用の魔術杖。
   杖の先端は水晶を喰らう蛇の形状になっている。
防具:《対魔力マント》
   魔力を拡散させて散らす効果を持つマント。
   ある程度の魔術なら防ぎきれるが、強力な魔術は防ぎ切れない。
アクセサリー:指輪
習得魔術:闇属性、多少の光属性、その他様々な補助魔術

【プレイ用】
一人称:私
二人称:お前
口調:常に気怠げでぶっきらぼうな冷めた口調。
PL:黒柘榴

【備考】
『宵闇“シュヴァルツェ・ナハト”』の異名を取る大魔術師。
魔術師としての実力・技術・知識は一流。天性の才能を持った人物だが、非常に偏屈でいい加減な変わり者。
ぶらぶらと一人旅をしていたが、ある時訪れた村でニコルという少女に弟子入りを懇願される。
最初は面倒臭いので断ったが、やたらと頼んでくるので仕方なく彼女を弟子にすることに。
その後は自分の旅にニコルを同行させ、彼女と共に気ままに放浪してる。
ニコルへの扱いはあまり良くない。適当にあしらったり、下っ端のようにこき使うことが多い。
しかし彼女が秘めている才能に期待は抱いている。時には真摯に修行をさせたり、助言をしたりすることも。
また、普段こき使ったりするニコルをたまにねぎらってあげたりと何だかんだで彼女を気に入り始めているが本人は素直ではない。

魔術師の中でもトップクラスの高い魔力を誇り、闇属性を主体とした魔術を行使する。
高火力の魔術は少なめだが、トリッキーで厄介な性質を持った魔術を数多く持ち相手を幻惑する。
非常に高い魔力を持ち、魔力切れを殆ど気にせずに数多くの魔術を行使することが出来る。
また、魔術師なのに蹴りが得意で不意をついて相手にキックをぶちかますことも。