※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

difference




「――呪ってやる――」

 その姿を――識っていた。
 その声を――識っていた。
 慈愛と憧れに満ちていた瞳も。
 肩を掴む優しかった細い五本の指も。

 その全てが――その全てを、確かに識っていた。

「■■■■……オマエを呪う……苦しめ……死ぬまで悔やめ……絶対に、許さない……」

 怨嗟の声が耳を犯す。
 憎悪に染まった瞳が身を貫く。
 慈愛にあふれていたその姿は、底抜けの呪詛に染まっていた。

 何かが、頬をつたう

「ああ、いいとも」

 肩に食い込む五指を。
 捉えて離さない瞳を。
 止む事の無い言葉を。
 その全てを、一身にその身に受けながら。
 事もなく、男は了承の意を唱えた。

「それでいい。言ったはずだ」

 身体を犯す呪いを感じながら。
 流れ込む憎しみを受けながら。
 一つの感情も無いままに、男は最後の言葉を紡いだ。



「――僕は、オマエを担うと」










 笹瀬川佐々美の目覚めは、ともかく最低だった。
 まず、頭が痛い。とてつもなく痛い。
 じんじんするような、がんがんするような……言葉で表現することのできない痛み。
 んでもって、何故かふらふらする。視界も足元も揺れる揺れる。
 あー、だの、うー、だの呻きながらのたうち回る姿に、普段の彼女らしさは一切皆無であり。
 とてもではないが、彼女の想い人には見せる事の出来ない醜態である。

「ぅ、ぅぅぉぉ……」

 年頃の乙女にあるまじき声。
 地の底から響くような呻き声は、時と場所によっては幽霊と捉えられてもおかしくない。
 この世の全てを呪うかのような声で、ただのたうち回る。

「ぁぁぁ……」

 最悪も最悪、最悪である。
 頭痛が酷過ぎて何も出来ない。
 四肢はおろか、指一つ動かすことすら億劫である。

「ぇ、ぇぇぃ……」

 とはいえ、こうやってのたうち回っているわけにもいくまい。
 ここまで酷い頭痛は初めてだが、それを捩じ伏せてこその笹瀬川佐々美である。
 こうしている間にも時間は過ぎゆき、朝練の時間が迫ってくる。
 遅刻など、絶対に認めてなるものか。

「ぁぉ、起っき、なさ、い……私……っ!」

 精一杯の虚勢。
 張るべき相手は自分。
 自分に勝てずして、一体誰に勝てるというのか。

「……はあっ!」

 乾坤一擲、気合い一発、welcome, a happy morning。
 足腰に力は入らないが、根性で上半身だけは上げる。
 如何に不調であろうとも、鍛え上げられた肉体にその程度の動作が出来ぬはずがない。



「……あれ?」



 そうして、漸く気がつく。



「……此処は、何処?」



 今自分がいる場所が、皆目見当つかない場所であることに。



「……ええと……調子はどうだい?」 



 自分の醜態を、赤の他人にずっと見られていた事に。










 イ、イツカライマシタノ!?



 ダ、ダイブマエカラ……










 男性の名前は、衛宮切嗣というらしい。
 随分と草臥れたコートと擦れ切ったような雰囲気。儚げな、とでも言い換えるべきか。
 同じ人間なのかと疑いたくなるような、脆く崩れ去りそうな印象を受ける。

「こんなものかな」
「ええ、ありがとうございます」

 互いが聡明だった事もあり、情報の交換は手早く終わった。
 まだ頭は痛むが、この程度が行えぬ程弱っているわけではない。
 醜態を見られていた事に対する羞恥が無いわけでないが、それはひとまず置いておく。

「にしても厄介ですわね、これは」
「材質からして見当もつかない。癪ではあるが、無用に調べるのは止めたほうがいい」

 すっぽりと、隙間なくはめられた首輪。
 置いてあった手鏡で確認するも、手を加えられるような個所は何処にも見当たらない。
 言われた通り癪ではあるが、ここは余計な手を加えない方が賢明だろう。

「首輪については一先ず放っておこう。今考えても埒が明かない」
「そう、ですわね……それにしても、いったい何が目的でこんなことに……」
「さぁね……今は額面通りに言葉を受け止めるしかないかな」

 『殺し合い』。
 佐々美の記憶が正しければ、確かにあの男性はこの言葉を発した。
 生殺与奪権は、あの男性が握っている。
 首輪を填められている限り、佐々美に自由は無い。
 そしてそれは、全ての参加者に当てはまる。
 生き残るための具体的な方法は、最初に提示された一つしかない。

「衛宮さんは……」
「ん?」

 零れ出た言葉に反応される。
 一瞬迷いはしたが、そのまま言葉に出す。

「もしも……もしもの話です。仮に、誰かが襲ってきた場合……衛宮さんは……」
「容赦はしないよ」

 何の気負いも無く、言葉は被せられた。

「無抵抗主義なんてのは真っ平でね。どんな状況であろうと、それ相応の対応はするさ」

 幾重にもオブラートに包まれた言葉。
 それでも、その真意が分からない佐々美ではない。

「……君が気負う必要はない。そもそも、そっちの方が僕の領分だしね」

 擦れたような、儚げな微笑み。
 何の理由も無く佐々美は理解した。
 彼女と切嗣とでは生きている世界が違う、と。
 喉が掠れる。

「……と、ところで、浴室はどこにあるかご存知でしょうか?」

 咄嗟に出た言葉は、話題転換にはあまりにも苦しかった。

「浴室? 給湯室ぐらいしか見当たらなかったかな」
「そうですか……それでは、ちょっと顔を洗ってきますわ」
「部屋を出て右に曲がればすぐのところだから」
「ご丁寧に、ありがとうございます」

 逃げ出すように部屋の外に出ると、振り返ることなく給湯室へと早足で向かう。
 平和な国で学生生活を謳歌していた佐々美には、彼が纏っていた雰囲気を理解する術を持っていない。
 ただ早足にその場を抜け出すことしかできなかった。

「はぁっ……はぁっ……」

 乱れた呼吸を整えるように、深呼吸を繰り返す。
 流し台に手をつき、気持ちを落ち着かせる。
 ぐにゃりと、視界が歪んだ。

「っ……ごほっ……」

 喉をせり上がってきた何かが、シンクにぶちまけられる。
 ツンと。鼻につくあの特有の臭い。
 反射的にこみあがってる嘔吐感を我慢し、水を流して対処する。
 黄色の液体があるだけで、固形物が無いのが救いだった。

「……酷い顔ですこと」

 設置された鏡に映った、覇気の無い顔。
 頭痛でのたうち回った際に汚れた髪も相まって、幽鬼と捉えられてもおかしくは無い。
 自信に溢れた数時間前の自分の姿とは、似ても似つかない。
 ふと、そんな自分が急に滑稽に思えて口元が緩んだ。

「……しっかりなさい、まったく」

 病は気から。弱気は損気。
 この程度で取り乱すなど、随分と自分も小さく収まってしまったものだ。
 髪の毛をかき上げ、鏡に映った自分を叱咤する。
 大胆不敵なくらいが、笹瀬川佐々美にはちょうどいい。

「さぁ、さっさと終わらせましょう」

 髪留めを外し、汚れた髪の毛を自由にする。
 ブラシなんて気の利いたものはないので、水で濡らした自分の手を櫛代わりに。 
 心なしか、先ほどよりも気分は軽く感じる。
 余裕が出来た証しか。悪くは無い。
 まだ顔色は悪いが、この分ならすぐに戻るだろう。
 ふと、背後の時計に目が合う。



「……あら? もう午前二時ですの?」





【一日目/2時00分/G-2、高層ビル10F】
【笹瀬川佐々美@リトルバスターズ!EX】
[状態] 頭痛(小)、精神的疲労(小)
[装備]
[所持品]基本支給品、ランダムアイテム×1~3
[思考・行動]
基本:ゲームに乗るつもりは無い
1:衛宮さんと行動
2:シャワー浴びたい

【備考】
  • 参戦時期は未定
  • 衛宮切嗣と情報交換をしました










 情報交換が上手く行ったのは、言うなれば当然のことである。
 何せ既に相手の情報を知っていたのだから。
 後は自分の都合のいいように誘導すれば良かっただけなのだから。
 だというのに、衛宮切嗣の顔に喜びの色は見えない。
 理由は明快。身体を襲う倦怠感である。
 思い当たる節は、一つ。

(これが、『制限』か……)

 魔術とは、魔力を用いて人為的に神秘や奇跡を再現する事。
 魔術師とは、『根源』を至る為に魔術を扱う者の事を指す。
 佐々美に対して行使した暗示と忘却の魔術。初歩的と言えど、確かにそれは制限に値する力なのかもしれない。

(この程度でも影響するのか……)

 思い返せば、佐々美にかけた術も完璧とは言い難かった。
 意識を戻した彼女に後遺症が残っていたのが何よりの証拠。
 何の素養の無い一般人にすらこの程度なのだから、多少の耐性がある人物には効かない可能性もある。
 どの割合で制限がかかるのかは分からないが、自身の持つ能力は大幅に制限を受けていると見た方がいいだろう。

(……まぁ、軽微ではある、か)

 例え不利でも、それならそれで対処すればいいだけの話。
 魔力・魔術を用いた戦闘運用が期待できなくとも、他の手段が切嗣にはある。
 寧ろ、開始早々に不具合を確認できただけ僥倖であろう。
 ――――それに、そんなことは最早二の次、三の次である。



 深く精神を犯した心象は、終わってみれば何もかもが過ぎ去った後だった。



 聖杯の中身を知った。



 理想は叶わぬ事を知った。



 彼の日の誓いは意味を為さなかった。



 最後まで貫いた信念は、どこまでも空虚であった。





 ――――今の衛宮切嗣には、何も無い。





【一日目/2時00分/G-2、高層ビル10F】
【衛宮切嗣@Fate/Zero】
[状態] 疲労(小)、無気力
[装備]
[所持品]基本支給品、ランダムアイテム×1~3
[思考・行動]
基本:?
1:まずは待機

【備考】
  • 原作四巻・ACT16から参戦
  • 笹瀬川佐々美と情報交換をしました
  • 暗示の魔術で佐々美から多量の情報を引き出してます


No.018:ぼくの/わたしのいやなこと 投下順 No.020:バカシアイ
No.032:フィギュアスケーターと殺し屋と大男 時系列順 No.018:Monsters
GAME START 衛宮切嗣 No.:
GAME START 笹瀬川佐々美 No.: