※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

守るべきもの




 殺し合いという言葉を聞いて、連想できる意味は多くは無い。
 法律で殺人が罪となり、倫理観から罪と悪は同義になり、信頼関係から悪は忌避すべきものとなった。
 ならば、殺し合いとはイコール悪である。忌避すべきものと考えるのが通常である。
 少なくとも、現代では。
 法が施行され、倫理観が共有され、信頼関係が必須の現代では。

 故に、向坂環は考える。

 法が施行されているのは、彼女が生きていた世界での話だ。
 殺し合いを推奨しているこの状況では、法について考えるのは意味が無い。
 とすれば倫理観を共有できるかは怪しく、信頼関係の構築も難しいものとなるだろう。
 当たり前のように受け取り、当たり前のように信じ、当たり前のように生きていた世界は、この状況とイコール関係を結ぶことが出来るとは限らないのだ。
 故に、考える。
 自身の身の振り方を。
 最悪のケースについてを。

「……どうしよう、かしらね」

 煩わしそうに頭を掻くと、環は整った顔立ちに似合わぬ溜息を吐きだした。諸々の想いを乗せた溜息だった。
 彼女にとっての最悪とは、自身の死では無い。寧ろ、自身の生存はそれほど重視していなかった。

「まさか三人とも、とはね……」

 向坂雄二、河野貴明、柚原このみ。名簿に記載されていた三つの名前は、彼女の良く知る名前である。
 実弟と幼馴染たち。その関係と重要性に、言葉は必要ない。

「困っちゃうじゃない、まったく」

 おどけた口調で言葉を零すも、その目にふざけた様子は見られない。
 つまるところ、彼女は葛藤していた。
 皆と揃って帰るハッピーエンドか。
 三人だけは絶対に帰すノーマルエンドか。

「……手は、あるのよね」

 呟き、懐に手を入れる。取り出した代物は、銃。
 ソレは片手で弄べるほどに軽くて。こんなものが人一人の命を奪うのに十分な代物であるという事に、少なからず違和感を覚える。
 シグザウアーP226。
 長時間水に浸しても作動する、耐久性の高い自動拳銃であるらしい。
 銃火器類に憧れを持っているわけではないが、これが向坂環にとって初めての銃火器との出会いだというのなら、こんな出会い方は一生したくなかった。

(さぁ……どうする?)

 別に、手を汚すことを厭うわけではない。彼らの未来の為ならば、自身の手など幾らでも汚そう。
 だが……問題は其処では無い。彼女が躊躇う理由は、其処には無い。

(三人の内、一人だけなんて……)

 主催者の言葉に乗って他を全員排除すれば、残るは環も含めた四人になる。最後の一人しか帰れないのでは、自身を数に含めなくとも、取捨選択を迫られてしまうのは明らかだ。
 三人の内一人でも誰かを捨てなければならいのは、環の望む結果では無い。
 ならば、何が最良か?

(……まだ、決めるべきではないかもしれないわね)

 最悪のケースに備えるのは結構だが、行動方針を決めるのは時期尚早かもしれない。
 なるべく情報を集めつつ、その中で最良の方法を模索する。
 煮え切らない結論だが、今はそれが一番の方法だろう。

「……無事でいなさいよ、本当に」

 守るべき三人の顔を思い浮かべ、祈るように呟きを漏らす。
 手の届く範囲に、三人はいない。
 今は、ただ無事を願う。



 ――――それだけしか、出来ないのだから。





【一日目/0時30分/A-7、ボート小屋内部】
【向坂環@To Heart2 XRATED】
[状態] 健康
[装備] シグザウアーP226
[所持品]基本支給品、ランダムアイテム×1~2
[思考・行動]
基本:現状に置いて、最良の方法を模索する
1:幼馴染たちと弟との合流

【備考】
  • 転入後からの参戦



No.029:裏vs裏 投下順 No.031:前途多難
No.023:コミカルライフ 時系列順 No.034:ココロの声
GAME START 向坂環