うp次郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


うp次郎(うぷじろう)は、 タカミンチャットルーム3 のマスコットキャラクターである。
主にタカミンチャットルーム3に生息し、特に愛嬌を振舞うわけでもなく、ただただ生息している。
アップロード (Upload)を意味する うp が名前に使われているが、特に本人にアップロードをする能力はない。名前の一部である 次郎 で呼ばれることが多い。

概要


タカミンチャットルーム3の住人水谷先輩によって、ふとした瞬間に生み出されたキャラクター。
それ以来、住人からの評判も好評だった為ちょくちょくルーム3に出現するようになる。
そのシンプルながらも訴えかけるものが大きいデザインは、数多くの人たちを魅了した。
名前の由来はアップロード(Upload)。当時うp祭りが頻繁に行われていたルーム3で、このキャラクターに

「おっぱいうp」

と、喋らせたのが元とされている。
ちなみに 次郎 はその場の思い付きである。
唐突に舌を出すことがある。舌は蛇のものとよく似ているが、次郎は蛇ではない。トカゲでもない。次郎である。
舌を出す以上に稀に、口を閉じることがある。口を閉じた時は不機嫌になっているという説もあるが、詳しくは解明されていない。



エピソード


・2chデビュー

うp次郎の人気がそこそこ高まった頃、「このキャラクター2chで流行らせようぜwwwwwwwww」という友人からの誘いにのり
2chにて「うp次郎考えたwwwww」というスレを作成。
「なにこれwwwwワロスwwww」「鬼才あらわる」などの好評レスをもらったものの
スレの勢いがみるみる落ちていったので、すぐ終了となった。
ちなみにこの時4コマ漫画などもうpしたのだが、今では闇の中に葬られている。

・立体化・柔軟化

誕生当初は平面のものとして生まれた次郎だが、ある日をきっかけに 立体化 を遂げる。
最初立体化した時の姿は、ポリゴンのようにカクカクしたものだったが
そこから月日をへて 柔軟化 に成功。
最近ではさらに加えて、すごく動くようになった。


・セグウェイ

2010年にセグウェイに乗る姿が確認される。
なぜかとしっくりきてしまうその姿に、可愛さがますます高まった。はず。

・偽次郎

2010年にチャットルーム3にて発見される。
本物と比べ、明らかに頭が凸っとしている。
うp次郎との関係は解明されていない。



関連項目


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。